ながくお付き合いしていると、新鮮さや、ときめきはどうしても薄れてしまうものです。

よく言えば「安定」かもしれませんが、悪く言えば「マンネリ」。

飽きられずに、ずっと愛されるか不安になることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、マンネリ回避にもつながる、男性にずっと求められる秘訣をお伝えいたします。

ドキドキ長続き!「彼氏にずーっと求められる女性」の言動

女子力を維持し続ける

なれ親しんだ関係は恋人のひとつの理想形かもしれませんが、その結果、服装やメイクなどに気をつかわなくなる人も多いようです。

どんなに付き合いがながくても、女子力はキープしておくべき。

気のゆるみが原因となり、彼から女性として見てもらえないこともあります。

彼のまえで「可愛くいよう」と頑張ることで、彼に「自分もかっこいい彼氏でいよう」という意識を与えられるはずです。

そうすれば、ときめきが薄れない関係へとつながるでしょう。

スキンシップを大切にする

長く付き合っていくと、スキンシップが減っていくというパターンもあります。

でもスキンシップは、ドキドキ感の維持のために、とても大切なものです。

だからこそ、どんなに付き合いが長くなっても、手をつないだり、寄り添って映画を観たりと、小さなスキンシップをできるだけ大切にしましょう。

恥ずかしいからと、彼からのスキンシップを拒否しないことも大切ですよ。

いい意味でいい子にならない

ときにはわがままを言う、彼の意見と食いちがっても自分の意見を主張する、自分のやりたいことを優先するなど、

いい子になりすぎないことも、男性から求められ続ける秘訣のひとつといえるでしょう。

ただし男性にとって、いつでも思いどおりに動いてくれる女性は、「いい子だけど面白みがない」と飽きられてしまうことも……。

彼に依存せず自分をしっかり持って、いい意味でいい子にならないことも大切。

適度なさびしさや物足りなさを与えることも求められ続けるコツといえるでしょう。

好きを態度で示す

「好き」と言葉にしなくても、好きを態度で示してくれると、男性は「自分は愛されている」と安心できるものです。

とくに、恋人感覚より友達感覚になりつつある関係の場合は、

バレンタインや彼の誕生日に力を入れる、たまには彼にご褒美をサプライズするなどして、定期的に愛情を行動で示すとよいでしょう。

「ここまでしてくれて可愛いな」と思わせられたら、彼はあなたを手放したくなくなるはず!

ただ尽くし過ぎ、好き好きアピールし過ぎも良くないので、適度に態度で示すことが大切ですよ。

愛は時間とともに育つもの!

「愛は時間とともに薄れるもの」と言う人もいますが、筆者は時間とともに育ち、深まるものだと考えます。

ただ、そのためには愛情を維持する努力も必要です。

今回紹介した秘訣で、ずっと愛され求められつづける彼女を目指していきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)