恋人にとって、ハグをはじめとするスキンシップは、愛が深まる大切な行為。

でも、可愛く甘えられない、自分からハグできない……という人もきっと多いはず。

そこで今回は、男心を刺激するかわいいハグのコツをご紹介!

ホステスである筆者が、周りのモテ女子を解析して見つけた、ハグのコツを参考にしてみてください。

愛され上手に学ぶ!男性が理想とする可愛いハグとは?

ありがとうのハグ

好きな子から感謝されたら、男性はうれしいものです。

だからこそ、感謝の気持ちをハグで表現してみましょう。

ハグをすればするほど、男性により一層「よろこんでくれるから嬉しい!」と思わせられるはずです。

さらに、「ありがとう!」と抱きついてきたら、男性のうれしさは何倍にもなるでしょう。

ちなみに、ありがとうのハグは夜の世界ではよく見かけますが、

売れっ子ホステスほど感謝や喜びをハグで伝えていることが多い気がします。

感謝されることで「もっと役に立ちたい!」とおもわせる効果も期待できますし、彼氏をそだてるという意味でも、ありがとうのハグはおすすめです。

甘えん坊なバックハグ

「もう帰るの~?」など甘えるように後ろから抱きつく振る舞いも、男性ウケがいいハグのひとつ。

「引きとめられる=必要としている」ということですから、後ろからのハグは、男性の承認欲求を満たすことにもつながると思います。

ただ、相手の性格やシチュエーションによっては、重たい雰囲気になってしまうことも。

重たい彼女にならないためにも、無邪気にふざけるような雰囲気でのハグがポイントです。

素直な友好のハグ

「ハグ=恋愛関係」とは限りません。

ホステスは、親しみや慕う気持ちからハグすることもあります。

夜の世界じゃなくても、たとえばゲームや会話が盛りあがった、彼が昇進したなど、テンションが上がった流れで、親しみをこめたハグができるはずです。

彼氏彼女の関係でも、男女としてのスキンシップと身がまえてしまい、恥ずかしさからスキンシップがだんだん減ってしまうケースも少なくありません。

だからこそ、スキンシップが減ったカップルには、友だちのような親しみをこめたハグがおすすめ。

こころの距離が縮まりますし、倦怠期の回避にもつながるでしょう。

腰や背中に腕を回すハグ

彼のほうからハグされたときに、しっかり彼の背中や腰にうでを回すことも大切です。

この仕草で、彼のことを受け入れているサインを送れますし、拒否されていないと彼も安心できます。

ハグしたときに女性の手が自分の背中にまわっていないと、男性はもっとハグをしてもいいか悩んでしまうかもしれません。

モテる女性は、相手をこころよく受け入れる態度の見せかたも上手です。

ハグで愛は深まる!

ハグの仕方ひとつで雰囲気や感情は大きく左右されます。

だからこそ、ハグで彼の気持ちをぐっと惹きつけることも可能です。

もっとラブラブ度を深めたいという人は、ぜひ大好きな人といろんなハグを試してみてくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)