デートもしてLINEのやり取りも重ねて良い雰囲気の、気になる男性。

しかし、いきなりフェードアウトされたことがある女性は多いかと思います。

良い雰囲気だったにもかかわらずフェードアウトされたら、とても悲しいですよね。

今回は、男性がフェードアウトする理由について紹介していきます。

良い雰囲気だった男性がフェードアウトする理由3選

言いづらい理由があった

「本当は全然お金がない」「元カノとヨリを戻した」など、言いづらい理由があってフェードアウトすることも少なくありません。

男性はプライドが高いので、良い雰囲気だったからこそ言えなかったのでしょう。

言いづらい理由があった場合は、相手の男性の気持ちを理解してあげることも必要かもしれません。

なんとなく合わなかった

合わなかったというのは、最も多いパターンだと思います。

「なんか違った」「よく考えたら好みではなかった」と、理由を正直に口にしたらあまりにも失礼。

大人の対応として、語らずにフェードアウトしたと考えられます。

この場合は女性も察して、追いかけないほうが傷つかずに済むでしょう。

他に良い女性がいる

「告白してもいいかな」と思っていたところに好みの女性が登場して、そちらに気がいってしまった場合もあります。

わざわざ「他に良い人が現れた」と理由を言って去ることもないので、最終手段はフェードアウト。

他の女性に簡単に気移りする男性とは、付き合わないで良かったと考えましょう。

フェードアウトした男性は追わない!

「フェードアウトが怖い」という思いで連絡を頻繁にしたり、会いたがったり一生懸命つながろうとする行動が男性のフェードアウトを引き起こしていることも。

男性が本当にあなたに好意を抱いているのなら、フェードアウトという選択をすることはありません。

男性が離れてしまったら、気持ちを切り替えて新しい恋を探しにいきましょう。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)