育ちがよく感じられる女性は、男性からの人気が高いことがほとんどです。

そういった女性は「育ちがいいオーラ」を出しており、話し方の部分でも育ちのよさが表れています。

育ちがよく映る話し方とは、どのようなものでしょうか?

今回は、彼に「育ちがいい」と思われる女性がやらない話し方を3つ紹介します。

彼に「育ちがいい」と思われる女性がやらない話し方3つ

人を疑う発言

育ちがいい人は、両親からも大切に育てられているケースが多いため、心が豊かであることが多いです。

子供のころにいい思い出がなかった人は、満たされなかった想いが心に残っていることもあるでしょう。

しかし、育ちのいい人はそういった想いがありません。

幼少期から大切に育てられていれば、誰かに裏切られることや、悪意を持たれることも少ないのです。

そんな彼女たちは、「性善説に基づいて人を判断している」と言えます。

心のなかに「満たされてきた」という想いがあれば、相手を不審がったり疑ったりするようなニュアンスは出てきません。

言葉はその人を位置付けるものなので、相手を疑わないことは大切です。

信用されていると思ったら、相手もそれにこたえたいと思うものですよね。

雑な挨拶

育ちがいいと思われる女性は、雑に挨拶をすることがありません。

よい育て方をする親は、あいさつが何よりも重要であることをわかっています。

そのため、あいさつをおろそかにしないよう、繰り返し伝えているのでしょう。

きちんとしたあいさつができるかどうかで、その人の見え方は大きく左右されます。

あいさつのなかに気遣いを込められれば、相手に対しての印象はよくなりますよね。

育ちがいい女性は、あいさつの重要性を理解したうえで、気遣いもしっかりとしているのです。

相手をバカにした発言

育ちのいい人は、自分の発言が相手にどういった影響を与えるのか、よく考えて発言します。

そのため、相手をバカにすることはしません。

常に上から目線で話してきたり、人をバカにしたような発言をしたりする人も、なかにはいますよね。

そういった人は、いつしか人を「上下」で判定します。

自分より下だと思った人に対して、敬意を欠いた発言をするのです。

育ちのいい人は、人を上下で判定するようなことはしません。

誰に対しても敬意を持って接するので、育ちがいいと思われます。

育ちがいいように見せる

育ちがいいか悪いかは、今になって変えられるものではありません。

しかし、育ちがいいように見せるのは今からでもできます。

今回の内容を参考にして、育ちのよさが伝わるようにしてみましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)