恋愛と結婚は別物という人がいるように、結婚前は良好な関係だったのに、結婚後に彼の態度が変わってしまった…なんて話はよく耳にしますよね。

今回は、既婚女性に「この人と結婚してよかった」と思えるエピソードを聞きました。

結婚前にどんなポイントを見極めておけばいいのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「この人と結婚して良かった…♡」既婚女性に聞いた感動エピソード3話

一人暮らし経験があるため家事分担ができる

「彼は大学時代一人暮らしをしていたので、どんな家事でも一通りできます。
同棲中から家事は協力し合っていたので、結婚してからも、時間的にお互いができる家事をするようにしています。

一番助かったのが、私が風邪をひいて数日寝込んでしまったときです。
仕事で夜遅いのに、翌日私が食べられるものを作り置きしてくれて、洗濯なども全部やってくれていました。
この人と結婚して本当によかったと思いました」(25歳/パート)

一人暮らしの経験があるのとないのとでは、家事に対する考え方も異なるみたい。

実家でいつもお母さんに任せていたという人は、そのまま奥さんに丸投げしてしまう方もいます。

逆に一人暮らしの経験がある方は、できる幅が広いため奥さんだけに背負わせるのではなく、「一緒にやろう」という価値観で接してくれるのかもしれません。

最近は共働きが当たり前になってきているため、旦那さんの協力が必要不可欠ですよね。

彼が家事をどのくらいできるかは、結婚前の同棲で確認できそうですが、同棲をしないで結婚予定の場合は、結婚後の家事の分担についても話しておくと安心ですね。

奥さんの両親も家族だと思ってくれる

「父を亡くし、決して裕福ではない家庭で育った私と結婚してくれた夫。
結婚を考える際に、将来的には私の母の面倒もみていきたいと言ってくれたんです。

その言葉通り、結婚後も母のことをいつも気にかけてくれて、私の実家の近くに家を買おうと提案してくれました。
私の家族とも積極的に関わろうとしてくれて、母からも大絶賛。
彼と結婚したことで、本当に幸せな日々を送っています」(35歳/パート)

結婚は、お互いだけの問題では済まないところがあります。それがお互いの両親、家族です。

結婚することにより、相手の家族との関係も始まります。

結婚前にお互いの家族のことや、将来のご両親との関わり方などについて理解し合うことで、トラブルを回避するだけでなく、相手がどのくらい真剣に付き合ってくれるのかがわかります。

お互いの家族も大切にできる関係を築ければ、ずっと一緒に過ごしていきたいと思えるはずです。

結婚した後も丁寧な対応をしてくれる優しさ

「外食をしたときは店員さんに毎回『ありがとうございます』『ごちそうさまです』と言う彼。
律儀な人だなぁと思っていたけど、結婚してからは私の作った料理を毎日おいしいと食べてくれ、“いつも家事してくれてありがとう”などの感謝も毎回伝えてくれます。

彼が喜んでくれるので家事も頑張れるし、仲もずっと良好のまま。
ちょっとした気遣いって、結婚生活において大事だなと実感しています」(30歳/専業主婦)

結婚してからすっかり彼が変わってしまった、というのは意外とよく聞く話。

店員さんへの対応はどうか、家事をした時にお礼をしてくれるかどうかなど結婚前にチェックしておくといいかも。

結婚した後もずーっと丁寧で優しい接し方をしてくれると、「この人と結婚してよかったな」と思えるはずです。

居酒屋で「ビール!」などと注文する男性は、将来奥さんに「おい!お茶!」というタイプ、なんて可能性も……。

結婚後もお互いを思いやり、感謝をし合えることが、円満夫婦の秘訣と言えそうです。

既婚女性のエピソードから気づく理想の旦那さん

今回は3つの既婚女性の「この人と結婚してよかった」と思えるエピソードを紹介しました。

どれも奥さんはもちろん、周りの人への配慮ができている方が理想の旦那さんなのかもしれません。

結婚を考えている彼がいるなら、自分への接し方だけでなく、普段の周りの人への対応もしっかりチェック。

相手への思いやりや、広い心をもって接している人となら、結婚後もずっと良い関係でいられるでしょう。

また、不安なことは結婚前にたくさん話し合いをしておくと、結婚後のイメージができそうです。

(愛カツ編集部)