連絡も毎日とっていて、週に1~2回はご飯に行くような仲の脈あり男性。

しかし、特に進展が無いし……という場合、「ずっとこのままなのでは」という不安がよぎりますよね。

今回は、脈ありなのに発展しないときの男性の本音を紹介していきます。

脈ありなのに発展しないときの男性の本音3選

じっくり見定めている

いい感じなのに男性が慎重になっているのは、あなたのことを見定めているのかもしれません。

大きな買い物をするときもついつい慎重になって、何度もお店に見にいったり時間をかけてじっくり判断したりすることが多いと思います。

彼はあなたとの様々な時間を共有しながら、あなたとのその後を考えているのでしょう。

そのようなときは、彼がドキッとするアプローチを小出しにしかけてみたら、関係に変化が訪れるかもしれません。

今の関係が心地良い

彼女のような存在になってきているあなたとの関係性が、心地良くなってきているのかもしれません。

LINEやメールで「おはよう!」とか「おやすみ」を言ったり、会った後も自然と次の約束をする流れになったりなどが多くありませんか?

そのような場合は、兄弟のように男女の仲を越えた友達関係に落ち着いてしまう可能性もあります。

今の関係から発展させたい時は、あなたから彼にドキッとするようなアクションを起こしてみるのも良いかもしれませんね。

キープとして扱っている

あえて今のままにしておこう、と都合よく考えている男性もいるでしょう。

街で連れ歩いて良い思いをしたい、寂しいとき連絡をしたらすぐ返信をくれる、100%肯定してくれる甘えられる存在……。

理由はそれぞれかもしれませんが、彼にとって都合が良い存在になっている可能性も考えられます。

このような場合はほかに彼女や奥さんがいるというパターンもあり得るので、深入りしないように注意してください。

待っているだけじゃ変わらない!

何も進展が無いと考えているだけでは、いつ関係に変化が訪れるのかは分からないですよね。

もうそろそろ彼との関係を発展させたいと思っている場合、あなたからアクションを起こしてみるのも良いかもしれません。

彼との間に、ほんの少しでもスパイスを注いでみると変化が起こるでしょう。

(愛カツ編集部)