疲れたときに癒やしてくれる女性を求める男性は多いですよね。

ストレスを感じているときに優しくされると、おもわず「この子がいてよかった」と思うでしょう。

一方、なかには彼女から叱られて嬉しさを感じる男性もいるようです。

癒やしとは正反対のように見える行動ですが、なにが彼を嬉しくさせているのでしょうか。

優しいだけが愛じゃない!彼女に叱られて嬉しさを感じた瞬間

軽く注意したとき

「もう!なにやってんの!と軽い感じで怒られると、なんか仲良くなった感じがして嬉しいです」(20代/飲食店)

彼氏が小さい失敗をしたときに、「もう!」と軽い感じで叱るのは、男性としてはちょっと嬉しく感じることもあるんだとか。

何でもかんでも受け入れるのではなく、ちょっと注意してくれるようなところに親しさを感じるのかもしれません。

注意するときに気を付けたいのは、馬鹿にするような言い方をしないこと。

少し呆れて「しょうがないなあ」と思っているような感じをだすと、愛情を感じられていいでしょう。

目や表情で怒っているとき

「他の女の子としゃべっているときに、睨みつけてくるように怒っていると可愛いですね」(20代/会社員)

叱るとはいっても、嫉妬をしている姿は特別可愛く見えるという男性は多いようです。

目の前で嫉妬するようなことをするのはあまりいいことではありませんが、かわいくてつい刺激したくなるんだとか。

嫉妬して思わず自分の感情を目や表情に出してしまう姿を見ると、嬉しく感じるんだそう。

対等になれたと感じたとき

実は普段あまり怒られないデキる男性ほど、彼女に叱られることに嬉しさを感じることが多いようです。

普段から周りに尊敬されていて気が張っている状態だからこそ、叱られることで対等に扱ってくれているように感じるのかもしれません。

自分を特別扱いするのではなく、時には怒ってくれるような自然な関係が彼を癒やしているのでしょう。

優しく伝えてくれる

「強く叱ってくるんじゃなくて、優し叱ってくる女性はずっと一緒にいられそうだなって思います」(30代/会社員)

たとえ叱られることを嬉しく感じる男性であっても、激しく叱りつけるよな女性にはストレスを感じます。

感情的になる女性は、将来小さなことでもガミガミと怒るような印象を感じてしまいます。

自分が感情的になってしまうと、それにつられて彼も感情的になりかねません。

叱るときのポイントは、感情的になるのではなく、落ち着いた態度でいること。

注意する前に一呼吸置いて、気持ちを落ち着かせてから伝えるようにしましょう。

叱られることで愛情を感じる

優しくされることに癒やしを感じる男性は多いですが、優しいだけが愛ではありません。

ときには女性に「叱られたい」と感じている男性もいます。

ただし、言い方や態度によってはお互いに感情的になって関係を悪くしてしまうこともあります。

愛情を持って怒ることを意識してみましょう。

(愛カツ編集部)