気になる男性がシャイなタイプだと、彼が自分のことをどう思っているか分からないから、なかなかプッシュできない!とやきもきする場面があるのではないでしょうか。

今回は、男性の体験談をもとに、恥ずかしがり屋な男性が好きな女性に対して送っている脈ありサインを3つ紹介します。

恥ずかしがり屋な男子が「本当は好きな子」に出す脈ありサイン

ちらちら視線を送る

「授業がいつも同じ子ですごい可愛い子がいます。
気なるけど、ゼミも違うし、サークルも違う。話すキッカケがなかなかつかめないけど、気になる。

気づいてほしいけど、目が合うと恥ずかしいからずっと見てはいられない……けど、やっぱりちらちら見てしまう」(21歳/大学生)

シャイな男の子が出している脈ありサインのひとつは、ちらちらと視線を送ること。

「恥ずかしいからずっとは見ていられないけど、気になる存在の女性はやっぱり見てしまう……」。

そういう気持ちから、目が合うか合わないかくらいのタイミングで目をそらす視線を送ることがあるようです。

気になる男性から話しかけられたり、ずっと見つめられたりしなくても、ちらちらとした視線を感じたら、それは脈ありチャンス!

勇気をだして、あなたから話しかけてみては、いかがでしょうか。

会話の際に体ごと女性に向ける

「シャイな方だし、恋愛経験も少なくて、どんな会話をすれば女性が喜ぶのか、とかよく分かりません。
でも、気になる女性には、自分の気持ちを伝えたいじゃないですか。

だから、気になる女性と話すときは、体ごと向けるようにしています。
会話は下手だけど、『あなたに興味があります』とわかってほしいので」(26歳/公務員)

シャイな男子の脈ありサインを読み取ろうと思ったとき、会話の多さや内容にばかり集中していると、よけい分かりにくいかもしれません。

シャイな男性は、会話自体が多くなくても体を女性のほうへ向けて、一生懸命気持ちがあることを伝えようとしているもの。

気になる彼が話下手でも、体ごとあなたの方に向けて話をしてくれたり、集中して自分の話を聞いてくれたりすれば、十分「脈あり」と思って良さそうです。

LINE交換をして、会話じゃなく文章でやりとりしてみたり、自分からプッシュしてみると、いつもと違う反応が返ってくるかもしれませんよ。

さりげなくレディーファーストで接する

「僕は自分からガンガン好きアピールできる方ではありません。
なので、せめてものレディーファーストで自分の気持ちをアピールします。

重そうな荷物は持つ、ドアは開ける、車道側は歩かせない、みたいな小さなことですけど……。
自分にとってはそれが精いっぱいの好きサインです」(28歳/自営業)

男性の好きサインは、男性側から電話をかけたりLINEを送ったり、デートに誘ったりなどの積極的なサインだけとは限りません。

とくにシャイな男性は、女性を大切にするレディーファーストで接することで、自分の好意を女性に伝えようとしていることもあるのだそう。

レディーファーストな扱いを受けたとき、単に「紳士的な人だな」や「スマートな人だな」で終わらせず、

「もしかして私に興味があるのかな?」と前向きに受け取って、自分からも好きアピールをしてみてはいかがでしょうか。

恋のアピールはアンテナを張っていないと気づかないこともありますよ。

シャイな男性からの脈ありサインを受け取ろう!

ちらちら視線を送ったり、会話の際に体ごと女性に向けたり、シャイな男性からの脈ありサインは一見分かりにくいもの。

恥ずかしがり屋の男性の本音を知って、ちょっとした脈ありサインを見逃さず、恋のチャンスをモノにしてくださいね♡

(愛カツ編集部)