やっとLINE交換したのに、数回やりとりしただけで既読スルー……。

「何も悪いことしてないのに何で?」と思いますよね。

もしかしたらLINEの雰囲気から良くない印象を抱かれているかも?

今回は、男性が返信をためらってしまうLINEのNGパターンを紹介します。

そのメッセージ、逆効果かも…男性が返信をためらうLINEのNGパターン

知り合ってすぐに「飲みに行こう」と誘う

「まだ1回しか会ったことがないのに、『○○さんって暇な日ないんですか?』『良いお店知ってるんで、今度飲みに行きましょう!』とグイグイで来られたとき。
こうやって色んな男と飲みに行っているのかな?と勘ぐってしまった」(29歳/IT)

フットワークが軽いのは悪くないのですが、マジメで慎重な男性ほど「まだお互いを知らないのに、いきなりふたりで飲みに行くの?」と思ってしまいます。

「こうやってチャラい男とワンナイトしているんじゃないか」と悪い方向にも捉えかねません。

「良いお店を知っている」というワードも、場合によっては逆効果。

「その“良いお店”は誰に連れて行ってもらったの?」と思われるかも。

「飲みに行こう」は「ご飯に行きませんか?」に、「良いお店を知っている」は「私がお店探しますね!」に変えるなど、ちょっとした工夫をしてみましょう。

ひらがなや(笑)を乱用する

「『まぢうけるwww』『○○くんってかのじょいるのー?笑』『ひまでんしよー』みたいな、短文で変換ゼロなLINE。
相手してくれれば誰でも良いんだろうなって思う」(27歳/広告)

ひらがなや「www」、「笑」の乱用に、「テキトー」な印象を受ける人もいます。

照れ隠しのつもりでも、「これって俺が返信する必要ある?」と思ってしまうのです。

本気で彼と付き合いたいのであれば、もっと真剣に向き合うべき!そうしないと、想いは届きませんよ。

アイコンが派手すぎる

「LINE交換をしたときに、まずアイコンに目がいってしまう。
清楚風だったのに露出多めのドレスを着ていたり、ボトルやグラスを持っているアイコンを見ると正直『そっち系だったのか……』と思ってしまう」(32歳/商社)

アイコンはLINEの顔と言っても過言ではありません。

その写真があまりにもパリピ感漂っていると「思っていたのと違うな」「俺とは住む世界が違う」とやや敬遠してしまうみたい。

老若男女問わずウケが良いアイコンは、やはり動物系や風景、友達と和やかなショットなどでしょうか。

派手な写真はインスタにアップするなど、使い分けが大事かも。

LINEも第一印象が肝心!

LINEから勝手に印象を決められてしまうのは避けたいところ。

やりとりはもちろんのこと、とくにアイコンは常々目に入るものだからこそ、1番に見直したいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)