デート中に居心地が良いと相手に感じてもらうには、どれだけ楽しい会話ができるかにかかっているとも言えます。

そして会話上級者は話し上手でもあり、聞き上手でもあることが多いです。

じつは意外と小さなテクニックで、「この子と話していると楽しいな」と思ってもらえるよう。

今回はすぐに真似できる、もっと一緒に話したいと思われる女性の特徴をご紹介します。

デートで印象アップ!男性がもっと話したくなる女性の特徴とは

会話のなかに相手の名前を入れる

「会話のなかに突然名前が出てくるとドキッとすることがあります。『○○さんはお仕事なにされているんですか』って感じで。

しっかり名前を覚えているっていうアピールにもなるし、親近感がわくので、そういう人はコミュニケーションが上手いなって思います」(27歳/男性)

会話のなかにさりげなく相手の名前を入れるというのは効果的な様子。

たとえばレストランに行ったときに、「なににしますか?」と尋ねるのではなく、「○○さんはなににしますか?」と相手の名前を頭につけるだけでも印象が変わってくるものですよね。

こういった些細なことが、とても大切になってくるでしょう。

リアクションが大きい

「反応がいい女性とかリアクションが大きい女性って話していてこちらも楽しいですよね。

逆にどんな話をしていても『ふ~ん』って感じでリアクションが薄いと、『この人とはもういいかな』って思う」(26歳/男性)

リアクションが大きい女性というのは居心地の良さを感じる様子。

小さなテクニックとして、男性の話に相づちを多くしたり、「物知りですね」と相手を褒めてあげるだけでも印象が全然違うんだとか。

大げさなくらいが、ちょうどいいのかもしれませんね。

会話に困っても、話題を振ってくれる

「会話が弾まないときって困るじゃないですか。気まずい雰囲気になるから。

でも、この前デートした子はそういうときに昔の話とか学生時代の話を振ってきて、会話を掘り下げるやり方をしていて上手いなって思いました」(28歳/男性)

会話のペースも相手任せではなく、自分から振ってみるのもオススメです。

とくに学生時代の話というのは案外盛り上がるもの。

「どんな部活をしていたんですか?」と聞いてみてもいいですし、「熱中していたものは?」と聞いてみてもいいでしょう。

そのうちなにかしら共通点が見つかって、自然と会話に勢いがついていくはず。

相づちのバリエーションが豊富

「相づちのバリエーションが多い人っていうのは、話をきいてくれてるんだなって感じます。

それが一緒にいて居心地の良さに繋がるっていうことはあると思ってます」(30歳/男性)

相づちを打つときは「そうなんですか」とか「なるほど」という決まり切ったセリフだけを使っていると「この人、話を合わせているだけで聞いてないな」と思われてしまうかもしれません。

なので、疑問に思うことには「どうして?」と質問してみたり、「分かりますよ。それってこういうことですよね」と自分の言葉で補足して上げたりすると居心地の良さを感じてもらえるでしょう。

会話が盛り上がると印象アップ

おしゃべりが好きな女性は多いもの。

しかし、多くの場合、聞き上手な人のほうが男性は居心地の良さを感じてもらえるよう。

相手の話を聞くというのも1つの技術。

相手が話していて楽しいと思ってもらえるように振る舞うことで、ずっと一緒にいたくなる女性を演出できます。

ぜひ実践してみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)