LINEで頻繁にやり取りを続けるうちに、どんどん距離感が縮まっていくのはよくあること。

でも、反対に「この子とは付き合えないな」と思われてしまうケースもあるのです。

そこで今回は、男性に「この人とは付き合えない……」と思われるLINEとは、どのようなものなのでしょうか?

こんな内容送ってない?恋愛に発展しないLINE4選!

一方的に話す

会話はふたりでキャッチボールをしていくことが何よりも大切。

自分の言いたいことだけを一方的に伝えるのは「会話」ではありませんし、聞かされる側の男性はイライラしてしまうでしょう。

好きな男性とはいろいろなことを話したいでしょうし、自分のアピールだってしておきたいのはわかります。

でも、自分の話ばかりしていたら、うっとうしいと思われるのは確実です。男性とって一切楽しくないLINEなので、返事がこないリスクも高まりますよ。

グチが多い

「ねぇ、ちょっと聞いてよ~」なんて言って、文句や不満に感じたことを言いまくる。

女性同士の会話ではよくあることかもしれませんが、男性相手の場合は注意が必要です。

LINEで不満や愚痴ばかりをこぼされたりしたら、聞いているだけで嫌な気分になるので、あなたとのLINE自体を苦痛に感じるでしょう。

また、「付き合ったら、毎日グチを言われそう……」なんて思いが頭をよぎってしまうので、恋愛対象からは確実に外されてしまいますよ。

質問が多い

好きな男性の行動やスケジュールは、やはりどうしても気になってしまうものですよね。

でも、その気持ちを抑えきれずに、「今何しているの?」と頻繁にLINEで聞いてしまうのは避けましょう。

彼女からされたとしてもイヤなのに、彼女でもない女性からそんなことをされたら、「放っておいてくれよ」という思いにしかなりません。

「彼女にしたら面倒」という印象を持たれ、距離を置かれてしまいますよ。

終わらない

LINEでの会話は、終わりどきが難しいもの。

だからこそ、終わったと思った会話に返信がきて、そこからまた話が始まったりすると、気が滅入る男性は多いようです。

好きな男性とは、なるべく長く話していたいという気持ちもわかります。でも、ダラダラといつまでも長話をするのはマイナスポイント。

むしろスパッと切り上げた方が、男性に「もう少し話したい」と感じてもらえる可能性が高いです。

一旦終わったやり取りをまた始めるのはやめておいた方が良さそうですね。

送る前に考えて!

「付き合ったら大変そう」と思われるようなLINEのやり取りをしてしまうと、間違いなく恋愛対象からは外されます。

とくに、束縛や干渉しそうな一面が垣間見えると、確実に避けられることになるでしょう。

好きな男性に対してLINEを送る際は、一度考えてから送信するのがおすすめです。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)