彼とうまく意思疎通ができない、関係がすっかり停滞している、他に気になる女性がいそう……。

そんな風に彼との関係が不仲になったとき、あなたはどんな態度をとっているでしょうか。

彼を失いたくない、付き合いたての頃に戻りたいなど、関係を修復しようとしすぎて、逆に彼を遠ざける行動を起こしてしまうことがあるのです。

そこで今回は、彼氏に対して嫌われ行動をとってしまう原因と、その対処法についてご紹介します。

執着心は危険!彼に嫌われ行動をとる原因とは?

感情の変化

どんなカップルでも、交際をスタートさせてからしばらく経つと、関係が落ち着いてきます。

とくに男性は、女性に比べるとラブラブな状態を維持することに抵抗を感じるものです。

男性の多くは、恋愛において「好きな人を追いかけたい」というハンター気質。そのため、好きな女性との恋が成就すると、相手に対してそれほど一生懸命ではなくなる傾向にあります。

一方、女性の心理は非常に複雑です。

安定した関係性であっても、連絡は必ず返してくれる、忙しくても会う時間をつくってくれるなど、自分が愛されている実感があれば、不満を感じることはほとんどありません。

しかし、彼が電話やLINEに無反応、彼女である自分をぞんざいに扱うなど、二人の関係が「うまくいってない」と感じてしまうと、彼に対する感情が少しずつ変わり始めてしまうのです。

嫌われ行動

古い映画に、悪魔が憑依した少女を神父が悪魔祓いする、というストーリーがあります。

実は、恋愛で切羽詰まった人は、これに似た行動をとってしまいがち。

たとえば、彼氏を自分から遠ざけるように突き放したかと思えば、「私を捨てないで」「私にはあなたしかいないの」などと彼にすがりつく言動をみせる……。

今ある恋を失いたくないと思ったとき、何とかして彼を自分の思い通りにしようと、このような態度を示してしまうのです。

けれど、これらの行動は相手をドン引きさせる行為でしかなく、自分を愛してくれている彼氏の心を自ら遠ざけてしまいます。

愛情は執着心へと変化

「彼から嫌われているんじゃないか」という不安や、「他に好きな女性がいるんじゃないか」という怒りなど、マイナス感情に支配されると、理性を欠いてしまうもの。

そうした強い執着心にとらわれてしまうと愛を見失い、彼を困らせるだけの言動を示してしまいます。

「私は真剣に彼を愛している」と思うかもしれませんが、それはただの思い込みに過ぎません。

彼氏を自分の思い通りに動かしたいだけで、純粋な愛情はすでに失われているのです。

本当に愛しているのなら、彼を困らせるようなことはしませんから。

それは愛?それとも執着?

では、愛情が執着心に変わらないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

大切なのは、次の3つです。

1.必要ない不安にとりつかれないこと
2.目に見えないものを信用しないこと
3.根拠のない想像を膨らませないこと

まずは、彼との関係が本当にうまくいっていないかどうかを見極めましょう。

本当に不仲になっているようであれば、理性を保ちながら二人で話すことをおすすめします。

変に彼の気を引こうとしたり、すがりついたりする必要はありません。正直に「私のことをどう思っているの? あなたはどうしたいの?」とストレートに聞いてください。

そこで彼が、心が離れていると述べたなら、やり直すか別れるかの2択です。

どちらを選ぶかはあなた次第。この最終決断に到達するまで、どうか冷静に対応するよう心がけてくださいね。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)