デートをしていて、相手の男性に「この子といると疲れるな」と感じられてしまったら……。

彼としては、もう一度デートをする気にはなれませんよね。

当然、「彼女候補」からも外されてしまいます。

そこで今回は、デート中に「疲れるな」と感じる女性の言動をご紹介します。心当たりがある人は、今から改善していきましょう。

もう次はないかも…男性が「疲れる」と感じてしまうデート中のNG言動4つ

1.行列や渋滞で不機嫌になる女性

人気のデートスポットに行ったときには、行列や渋滞に巻き込まれることもありますよね。

そういったときに、愚痴をこぼしたり、あからさまに嫌な顔をしたりするのは、絶対にNGです。

待ち時間は、「ふたりで会話を楽しめる時間」として前向きにとらえてみましょう。

不機嫌になるのではなく、彼との時間を楽しもうとする姿勢を示すことで、男性からの印象もかなり良くなるはずです。

いろんな話をしながら、苦もなく待ち時間を過ごすことができれば、彼は「あなたと過ごす時間そのもの」を価値のあるものとして感じてくれるでしょう。

2.自分の意見をまったく言わない女性

デートをしているあいだ、まったく自分の意思や主張を見せてくれない女性には、男性は「俺とのデートはつまらないのかな……?」と感じてしまうはず。

何がしたいのか、どこに行きたいのか、何を食べたいのかなど、自分の思いもきちんと伝えることが大切です。

「デートは男性がリードをするもの」という考えを持っている人もいるでしょうが、だからといって、何も意見を言わないのはさすがに極端でしょう。

「あそこに行ってみようよ」などと、ふたりで楽しく話し合いながらデートを進められると、自然と絆が深まっていくものですよ。

3.すぐ買い物に夢中になる女性

デートでは、繁華街や話題のスポットに行くことも多いですよね。

お買い物好きな女性としては、気になるお店がたくさんあるかもしれません。

そんなときに、ちょこっと買い物をする程度であればとくに問題はないのですが、行く場所行く場所ですぐに買い物を始められたりしたら、男性はげんなりしてしまいます……。

そもそも男性は、女性の買い物に付き合うのを「苦痛」に感じる人が多いので、デート自体を楽しめなくなるかも。

あくまでもデートは、「ふたりの時間」を楽しむもの。

自分だけが楽しい状態になることは、避けるようにしましょう。

4.コロコロと意見を変える女性

ついさっきまで言っていたことと、まったく違うことを言い始める……。

女性にはよくあることかもしれませんが、男性としては、なかなかそれについていくことができないものです。

デート中にコロコロと意見や要望が変わると、相手の男性はどうしていいかわからなくなり、とまどってしまうでしょう。

女性側としてはとくに深い理由があるわけではなく、いつもどおり思ったことを口にしているだけかもしれません。

それでもデート中は、その意見を受けとめる男性のことも考えてあげてくださいね。

絶対に意見を変えてはいけないというわけではありませんが、彼を「振り回す」だけになってしまわないように気をつけましょう。

デートを「ふたりで」楽しもう!

一番大事なポイントは、デートは「ふたりで」楽しむものだということです。

いくら自分が楽しくても、相手が楽しんでくれなかったら意味がないですよね。

彼と一緒に楽しむ姿勢や、ワクワクを共有する姿勢を忘れなければ、自然と素敵なデートになるはず。

ぜひ実践してみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)