気になる男性と念願のデート!

しかし、デートの内容や振る舞いによっては、本命から外れてしまうことも……。

今回は、本命になるための初デートの心得を紹介していきます。

好きな男性の本命になるために!「初デートの心得」4つ

純粋にデートを楽しむ

気になる男性とのデートは、好かれようと必死になってしまいがちですよね。

しかし、必死になればなるほどマイナスなイメージとなることもあります。

気に入られようと思って行動するのではなく、「今日のデートをどう楽しむか」というマインドに切り替えてみてください。

それだけでも、ずいぶんと素敵に見えるはずです。

意見を出しつつ彼を尊重

食事や行き先を決めるときに「なんでもいい」と答えるのは、男性を困らせてしまうNG回答です。

しかし、自分の意見を押し通す態度を見せすぎても、わがままで自分勝手な地雷女性と思われてしまいます。

「〇〇がいいな!どう思う?」と意見を出しつつ、男性が意見を出したときは尊重してあげると、なんでも言い合える気楽な関係を印象付けられるでしょう。

ネガティブ発言はしない

無意識のうちにネガティブ発言をしている女性は、意外と多いようです。

「でも」「だって」「どうせ」などの発言はもちろんのこと、他人を批判する言葉にも注意してください。

「会社に気の合う人全然いなくて」「あんな人って嫌いなんだよね」といった発言も、ネガティブ発言に該当します。

打ち解けた後の毒舌はプラスになることもありますが、最初から批判的だと性格に難ありと思われるので注意しましょう。

遅くなるまでには帰る

初デートが楽しければ楽しいほど、帰るのが惜しくなってしまいますよね。

しかし泊まりにはせず、遅くならないうちに帰る意思を見せるのが初デートの大事なルール。

名残惜しくても短時間でデートを切り上げたほうが、男性も「また会いたい」という気持ちに繋がります。

初デートから帰りたくない素振りや、いつまでも平気そうな姿を見せてしまうと「簡単にヤレそう」「軽い子かな」と思われてしまいかねません。

あなたの価値を高く見せるためにも、日付が変わるまでには帰宅するようにしましょう。

初デートを楽しんで彼の本命になろう!

初デートに気合いが入るのは当然のこと。

しかし、その気合いが空回りして失敗の原因になることは多いです。

気負いせずにリラックスしてデートに望めば、きっと本命への第1歩を踏み出せるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)