自分が本命かどうかは、男性の態度を見ていれば大体見分けることができるものです。

本当に彼から愛されているのか、行動で示してほしいですよね。

今回は、男性が本命女性だけにする3つの対応を紹介していきます。

男性が本命女性だけにする3つの対応

1日中デートする

「本命の彼女とは、少しでも長く一緒にいたいと思います。
でもキープとは自分の予定も大切にしながら、適度に距離を保ちたいと考えるものです。

大切な休日をキープに丸ごとささげるのはもってのほか。
昼間だけとか、晩ごはんのときだけなど、時間を限定して会うようにしています」(30歳/会社役員)

男性とのデートがいつも夜か日中だけという場合は、キープの可能性が高いようです。

本命とキープの違いは、男性が自分の予定を調整してまで会う時間を確保するかどうか。

デートの前後にいつも予定を入れているような男性とは、付き合い方を見直したほうがよさそうですね。

デート代はすべて奢る

「本命彼女には“頼りがいのある男”な一面を見せたいから、いつもちゃんとおごります。
キープとは、なにがなんでも割り勘を突き通しますね」(28歳男性/美容師)

いつも彼とのデートでは割り勘だという場合は、注意が必要です。

本命にはおごっても、キープとは割り勘にしているという男性は、意外と多いようです。

割り勘が定番となっている場合は、あなたに対する彼の行動を注意して見てみましょう。

友達に紹介する

「先日キープの女の子と街中を歩いていたとき、前から友達が歩いてきました。
キープの女の子のことを彼女と思われたくなかったので、無意識のうちに近くにあったお店にイン。

友達に彼女だと勘違いされたら、女の子を紹介してもらえる機会が減ってしまいますからね」(27歳男性/カメラマン)

男性は本命彼女なら友達にも大々的に紹介しますが、キープの場合だと存在自体を秘密にしようとします。

キープが彼女と思われると、女性を紹介してもらう機会が減ってしまうというのが本音のようです。

彼の友達に会ったことがない女性は、キープされている可能性があるかもしれません。

早めに見切りをつけるのも大切

あなたの彼にも思い当たるような行動がある場合は、2人の関係を一度見直してみてください。

キープの状態でダラダラと続いていても、お互いに幸せを手に入れることはできません。

本当の幸せをみつけたいなら、こちらから関係を断つのも大切なことです。

(愛カツ編集部)