女性ならたまには思い切って、「露出度の高いファッションにチャレンジしてみようかな?」と思うこともありますよね。

しかし、多くの男性は彼露出の多い格好をしている女性を嫌います。

よく聞くのは「露出=下品」といった声ですが、露出する部位によっては複雑な思いを抱えている男性もいるようです。

そこで今回は、男性が「本命にはやめてほしい」と思うNGな露出を紹介していきます。

女性らしさを一番感じるパーツですが、オトナな印象を与える部位でもあります。

ここが見えたとき、男性は「残念な女性だな」と思うことがあるようです。

とくに、自分の彼女が谷間の見える服装をしていたら、他の男性の視線を集めることになりますよね。

男性は、彼女の谷間を他の男性に見られたくないという思いが強いので、胸が見えない服装を心がけましょう。

肩や背中

近年、ファッションとして露出することが多い肩や背中ですが、男性としては彼女に露出してほしくない部位のようです。

夏は気温が高いので、露出が多くなるのもある程度は仕方ありません。

しかし、肩や背中が露出していると視線を集めるため、ほとんどの男性は他の男性に対して嫉妬心を抱くようです。

彼氏がいる女性は、度を超えた露出をしないように注意しましょう。

太ももお尻

太ももお尻

ファッションとして露出することの多い太ももですが、あまりにも丈の短いパンツやスカートを履くと男性は気が気じゃないようです。

こちらは丈の短すぎない服を着用することと、彼と話し合って妥協点を見つけることが大切ですね。

しかし、お尻が見えそうな短いウエストのパンツやスカートは要注意。

露出してほしくないという思いの他にも、彼女が下品に見られるのが嫌だとも思っているので、お尻は見えない服装を心がけましょう。

ほどほどの露出で十分!

男性は、自分の大好きな彼女が露出の多い格好をしてるのはとても嫌がります。

しかし、それはあなたを思ってのことでもあるのです。

露出が多い女性は「軽い女」と見られることもあるので、厄介な男性に絡まれやすいので注意したいところ。

男性が魅力を感じる露出をファッションに上手に取り入れて、良い出会いを見つけてみてくださいね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)