男性はパワーバランスに敏感な生き物。

「惚れた弱み」という言葉がありますが、ベタ惚れした女性には、非常に弱いと言えるのです。

そんなときに露見するのが、恥じらいの感情。

いつもの彼とは異なる、意外な一面が垣間見えるのです。

そこで今回は、彼の血液型から「O型男性がベタぼれしている女性に見せる『恥じらい仕草』」についてご紹介いたします。

O型男性がベタぼれしている女性に見せる「恥じらい仕草」とは?

態度や言動が不器用になる

O型の彼は、自分が人前に立って周囲の人達を元気づけたいという思いが強いと言えます。

でも、ベタ惚れの女性に対しては非常に不器用になるところが。

温かさや思いやりを内側に秘めていても、ぶっきらぼうになったりつっけんどんな態度をとってしまうようです。

恥ずかしくて弱みや優しさを見せることができなくなるところがあるので、あなたから感情を見せてみましょう。

彼を安心させることで、心を開いてくれるはずですよ。

ベタ惚れな女性の前でだけカッコをつける

O型の彼がベタ惚れになると、無意識のうちに好きな女性の前で自分を良く演じてしまうところがあるようです。

ムリをして自分を良く見せようと細工をしたり、変に格好つけたりすることもあるので何だか違和感があるかもしれません。

本来は自然体であるほうがモテるのに、気づいていないところも。

でも、それは彼の「デキない奴」と思われたくないという恥じらいによるもの。多めに見てあげましょう。

相手をリードしようとしたがる

O型男性の彼は、本来兄貴分な性格で相手をリードしたがるタイプ。

でも、ベタ惚れになると女子をグイグイ引っ張っていけず、受け身なところが顔を出すはず。

本当は面倒見がいいため、相手に甘えてもらうのは大歓迎と言えるでしょう。

しかし、自分から好きな女子を引っ張ることに不安を感じるため、恥ずかしくて自信が持てなくなってしまうのです。

他の人には強引なのに、自分にだけそうでないならデレているサインだと言えます。

他人行儀になって名前で呼べない

O型の彼は恋愛感情を覚える前は、ある程度親しい間柄になると親密度が増して名前やあだ名で呼ぶタイプ。

でも、ベタ惚れな女性にはどこかよそよそしい振る舞いになり、名前で呼べなくなるでしょう。

名前の方が苗字よりも相手を特定する要素が強いことから、無意識的にこのような態度になってしまうと言えます。

そのため、あなたがある程度親しいはずなのに、彼にそっけない印象を感じたとしたら、それは恥じらいのアクションかもしれません。

好きな相手に対する理想が強まることで……

「男性の恥じらい」は、とても複雑な感情です。

好きな相手に対する理想が強まることで、自分が劣った存在だと感じるがゆえに、恥ずかしさを覚えるのです。

つまり、相手と自分は同等の立場にないという劣位の感情が、行動を歪めてしまう結果になると言えます。

それをどう感じるかは女性次第ですが、あまり恥じらわれても困ってしまいますよね。

男性ならやはりある程度は堂々として欲しいというのが多くの女性の意見でしょうか。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)