同じ付き合うなら、「自分のことをわかってくれている」人を選びたいもの。

お互いに理解し合える関係性になれたら、理想の恋人同士になれるのではないでしょうか。

そこで今回は、男性が「相性がいいな」と感じる瞬間を紹介します。

理想的!男性が「運命の相手」だと感じる女性の特徴4つ

変化に敏感

自分の変化にすぐに気づいてくれる女性に男性は「俺のことをよく見てくれているんだな」と感じるものです。

うまくいかないことがあって、ちょっと落ち込んでいるときに気づいてくれる女性を男性は大事にしたい、と思うでしょう。

男性がひとりで考えられる時間や空間を確保してあげる、愚痴や不満を聞いてあげる、助けを求めてきたら手を差し伸べてあげる……。

などなど、男性の要求に応えてあげられると、心強い味方だとも思ってもらえるはず。

ひとりで先走って男性の話を聞こうとするのはNG。

「ひとりにしてほしい? それとも話を聞いて欲しい?」とさりげなく聞いてあげましょう。

男性の好みを理解している

「あなた、こういうの好きだよね」とか「あのお店、好きでしょ?」などと女性から言われると、ちょっとドキッとする男性は多いようです。

自分の好みを当てられて「俺の好みをわかってくれている」と嬉しくなるのでしょう。

自分のセンスや価値観を理解してくれている女性は、男性自身の本質的な部分や人間性、性格を理解してくれている女性であるとも感じます。

他の女性たちとは明らかに違う、特別な存在として意識するようになるはずですよ。

自分の要求を押し付けない

大事な仕事を任されていたり、激務に追われたりしているときには、男性は他のことには頭が回らなくもなるもの。

そんなときに「会いたいな」とか「遊んでよ」などとしつこい女性は、男性にとっての「運命の相手」にはなれないでしょう。

むしろうっとうしくなって、避けられてしまうことになりかねません。

男性が仕事で大変な時期であることをちゃんと察して、あえて放って置いてくれたり「私にできることがあったら言ってね」というスタンスを示しましょう。

自分の要求ばかりを押し付けない女性なら、男性は仕事に集中できます。

自分のことをわかってくれていることが女性の言動から伝わるし、最高の相手だと思うでしょう。

短所を責めずにフォローする

口下手であったり、手先が不器用であったりといった欠点を、さりげなくフォローしてくれる女性は、味方であるように感じるもの。

何かしらの欠点や苦手なことは誰しもあるもの。

彼の欠点を馬鹿にしたり責めたりするのではなく、さりげなく手を差し伸べてあげましょう。

そんな女性はまさに「運命の相手」そのものです。

さらに、お互いの足りないところを補い合えたら、理想のパートナーなれるはず。

自分の欠点を見られることを嫌う男性もいるため、自然にフォローをしてあげることを忘れずに。

さりげなく男性を観察してみて

さりげなくフォローができたり、自然に察することができると、男性に「運命の相手」と認識してもらいやすいです。

男性がどういう状況にあるのかを考えて行動すると、相手との絆がグッと深まっていくでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)