男性と食事に行くとおごってもらう機会もあると思います。

そんなときあなたは、男性にどんなお礼をしていますか?

じつは、「自分も払う!」と言い張るよりも、男性に好印象を持ってもらえる方法があるんです。

この記事では、男性におごってもらったときに、気遣いのあるお礼の仕方を3つご紹介します。

気遣いにキュン!男性にとって好印象なおごったときのお礼の仕方とは?

近くのコンビニでコーヒーやスイーツを買って渡す

「食事後にコンビニに寄り、彼女がコーヒーを2杯買っていました。店を出たら『これさっきのお礼♡』と渡してくれてほっこり。もう少し一緒にいられるんだという嬉しさもありました」(30歳/出版社勤務)

食事のあと近くのコンビニなどで、コーヒーやアイスクリームなどを買って渡してみるのはいかがでしょう?

「おごってくれたお礼!もう少し一緒にいよ♡」と一言足すと、男性をキュンとさせられるかもしれませんね。

せっかくおごったのに……と男性の気分を悪くさせることもありません。

サイズ感も手ごろで、見た目が華やかなスイーツも多いので、女性らしいかわいらしさもアピールできるでしょう。

後日プレゼントを渡す

「初デートは自分がおごりました。次のデートのときに、その子が手作りクッキーをプレゼントしてくれて……びっくりすると同時に、けなげでかわいらしいなと感じました」(25歳/IT関係)

後日会う予定があるのなら、その場は言葉でのお礼だけにとどめ、次に会ったときに「このあいだはありがとう♡」とプレゼントを渡すのもよいでしょう。

サプライズ感もあって、男性の印象に残りやすい方法ですよ。

また、男性の誕生日が近いのなら、誕生日プレゼントもかねて渡すと、かしこまりすぎずスマートに渡せるかもしれませんね。

映画やコンサートなどのチケットを2枚購入して、彼を誘ってみるという方法もおすすめです。

おごってもらったことをチャンスにできるとよいですね。

「次は私におごらせてね」と言う

「いい感じの子とデートしたとき、店を出たあと『ワリカンで払う!』と言ってきかない彼女。断ると『じゃ次は私におごらせて』と言いました。その一言がかわいらしく、次もあるの?とうれしくなりました」(33歳/営業)

「次は私におごらせてね」というフレーズは、おごってもらうだけでは申し訳ない、自分もなにかしたいという気遣いや誠意を伝えることができます。

男性は、女性におごってあげたい、男性らしさを見せたいと思っている一方で、金銭的に頼られすぎるのを負担に思っていることも。

金銭的に依存しない姿勢を見せることで、男性も安心して次のデートに誘えるかもしれませんね。

このフレーズは、さりげなく次のデートを約束できるというメリットもあるので、ぜひ使ってみてくださいね。

おごってもらったことをチャンスにしよう♡

男性におごってもらったときは、それを恋愛のチャンスに変えてみましょう。

「お礼」と考えると、彼にプレゼントをしたり、次のデートに誘ったりといった行動も起こしやすくなるかもしれません。

何度もおごってもらったとしても、おごられるのが当たり前のような雰囲気になることなく、いつまでも気遣いのできる女性でありたいですね。

(愛カツ編集部)