気になる男性にLINEをしても、返信をもらえないことが多い……。このように悩んでいる女性は、案外少なくないでしょう。

男性から返信がこない原因は、あなたのメッセージ内容にあるのかもしれません。

この記事では、「男性にスルーされてしまうLINEの特徴」を紹介します。

自分が送っているメッセージが当てはまらないかどうか、確認してみましょう。

相手への思いやりがないと…?男性にスルーされてしまうLINEの特徴

質問が多すぎる

「質問には基本、返信したいと思っています。でも、質問が多すぎたり、どんどん送られてきたりするとうんざりです。一方的なLINEをする人は、自己中心的な性格なのかな?と思ってしまいますね」(28歳/制作)

LINEする内容が質問だと、相手が返事をしやすいのは確かでしょう。しかし1回のLINEのなかに質問を盛りこみすぎてしまうと、負担に感じる男性もいるようです。

質問を入れるなら、1回のメッセージに2つ程度が妥当なところ。好きな男性にいろいろ聞きたい気持ちを少し抑えて、返信のしやすさも考えてみてくださいね。

また相手から返信がないのに、立てつづけにメッセージを送ったり長文を送ったりするのも、男性にスルーされるメッセージのひとつ。相手への思いやりの気持ちを持って、LINEしてみましょう。

近況報告だけ

「『いま〇〇にいるんだ~』みたいな内容は返信に困ります。気になる子や彼女なら反応するけど、そうじゃない子からだとスルーするか、よくてスタンプかな」(28歳/営業)

ついつい送ってしまいがちな、近況報告のようなメッセージ。付き合っているわけでもないのに、「いまランチ中!」「いま〇〇に来てるの!」といった内容のLINEを頻繁に送ると、男性に嫌がられる可能性があるようです。

報告メールはふたりの関係性によってうれしいものにも面倒なものにもなってしまうので、注意が必要。

スルーされないためには、「オープンしたばっかりのお店にいま来てるんだけど、すごくおいしいよ!今度いっしょに行かない?」と言葉をプラスしてみましょう。

男性が興味を持ちそうなひと言を加えると、返信してくれる可能性も高くなるはずです。

ネガティブな内容

ネガティブな内容

「以前、知り合いの女性に『相談にのるよ』と言ったら毎日のようにネガティブなLINEがとどいたことがあって、正直キツかったです。自分の気分も滅入ってしまいました」(33歳/販売)

仕事や人間関係が大変だからといって、相手に愚痴ばかり送っていませんか。

ちょっと愚痴を言うくらいなら構いませんが、長々とネガティブな発言をしていると、相手も返信するのが面倒になってしまいます。そして、相手の気分を害することにもなりかねません。

返信を期待するなら、深刻すぎる内容や愚痴などのネガティブな発言は、なるべく避けるのがベターです。

ネガティブ発言は自分から終わらせて、前向きな話題に切りかえましょう。

相手のことを考えたLINEを!

LINEは、相手のことを考えて送ると返信してもらいやすいのです。

メッセージ内容を確認して、「送られてきて困らないか」「読みやすいか」「返事を書きやすいか」などのポイントをあらかじめチェックしましょう。

思いやりのあるLINEで、彼との関係を深めていってくださいね。

(愛カツ編集部)