男性は、女性のちょっとした気遣いにもドキドキします。

相手を思いやる心は男女問わず必要ですが、やはり細かなところにまで目がいく女性のほうが気遣い上手の人は多いです。

さりげない気遣いをされると男性は「いいなぁ」と感心するのですが、一体どんな気遣いをすればよいのでしょう。

今回は、男性が「いいなぁ」と感心する彼女の気遣いについて紹介していきます。

男性が「いいなぁ」と感心する、彼女の気遣い3選

場の空気を悪くしない

付き合っていれば、悪いこともたくさん起きますよね。

たとえば彼がイライラしていてケンカになったり、お互いのコミュニケーション不足で気持ちがすれ違うことも少なくありません。

このときに女性もいっしょになってイライラすると、さらに状況は悪化するでしょう。

女性から折れたり思いやりのある提案をしたりすることで、場の空気も悪くならずに済みます。

こういった女性の気遣いに気がつけば、男性もあなたのことを「いいなぁ」と感心し、寛大にやっていこうと思うはずです。

気持ちを察する

デート中やLINEをしているときに、相手がどことなく元気がないな、と気になることはありませんか。

男性の気持ちを上手に察することができると、相手のなかであなたの存在感が際立ちます。

たとえば「仕事で何かあったのかな」と察して話を聞いてみたり気分転換のためにデートに誘ったりしてみてください。

サプライズや彼の好物を作ってあげるのもよいでしょう。

すると男性はあなたの存在に心強さと感謝を抱き、パートナーとしての将来を考えるようになるかもしれません。

男性の欠点を補う

カップルは常に、お互いのよし悪しを上手に補い合っているものです。

力仕事や数字の計算などを苦手とする女性は多いですよね。

そのようなときに、男性が率先してこなしてくれたらとても心強く感じるでしょう。

男性も同様に、自分の欠点を恋人が補ってくれているとわかると、相手の存在が心強く感じるのです。

「彼が◯◯をしてくれないのが不満」と文句を言わずに、お互いの得意不得意を活かす付き合いができる女性は一目置かれるでしょう。

そういう姿勢を、男性は「いいなぁ」と頼もしく思うのでしょうね。

気遣いができる女性になろう

付き合っていればよいことも悪いこともたくさん起こりますが、悪いことが起きたときにどのような対応をするかで男性のあなたへの印象は変わります。

男性を支えるようにさりげなく気遣いを見せることで、男性には「この人には敵わないな」と思わせることができるでしょう。

将来のパートナーとして過ごす際にも、気遣いは必要です。

思いやりの心を持って、相手に接してみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)