男性への「お願い」。あなたは得意ですか?もしくは、苦手?

「なんだか媚びているようで抵抗がある」「かわいい子だけが聞いてもらえるんでしょ」そんな気持ちもわかります。

でも実際に、男性へ何かをお願いできちゃう女性って意外と多いんです。

それも、簡単な方法で、上手にお願いをしているだけなんだとか。

そこで今回は、男性が「喜んでやってあげる!」とつい聞き入れちゃうようなお願い方法を3つ紹介します。

「喜んでやってあげる!」、男性がつい聞き入れちゃう女性のお願い方法

あなただけ、という特別感をよそおう

男性にお願いしたいとき、「誰でもいいからやってほしい」という投げやりな感じはNG。

「別におれに頼まなくても……」と、彼のやる気が起こらないことも。

なので、「○○くんだからお願いしたいの」「○○くんしか頼める人がいなくて」など、特別感をよそおってお願いするとよいでしょう。

「あなただけ」という含みを入れ込むだけで、男性も「おれにできることならもちろんOK!」と喜んでやってあげたくなっちゃうはず。

相手を気遣う

男性へお願いするには、付け加える言葉が大切です。

相手の状況を考えずに、思いついたから「今やって!お願い」と突然言ってしまう場合。

男性も「今は忙しいのにな……」と聞き入れる気にならないかもしれません。

そこで、「お願いしたいことがあるんだけど」と切り出した後がポイント。

お願いしたいことを言った後に、「忙しいだろうから、後回しでいいからね!」と相手を気遣うひと言を付け加えてください。

仕事場で直接言う場合はもちろんのこと、LINEなどでお願いしたいことがあっても、このひと言を入れるだけで違います。

相手も「ちゃんと気を遣ってくれているんだな」と分かり、「いいよ、今時間できそうだからやってあげる!」と、むしろ快く引き受けてくれるかも。

ただし、急ぎでやってもらいたいときは要注意。

このお願い方法だと、とうぜん本当に後回しになることもあるためです。

後回しを承知でお願いすることで、お願いされた男性もプレッシャーを感じず「できる限りやってあげたい」となります。

「そっちのお願いも何でも言ってね」と、どきどきさせる

お願いすることにプラスして、どきどきさせちゃうことで、更に男性のやる気を後押し!

まず、「~してほしいな」と言ったあとに、「もし私にお願いしたいことがあったら何でも言ってね」と付け加えてみましょう。

これで男性は、「え、おれのお願い聞いてくれるの?」「何をお願いしようかな……」と心のなかでどきどきしちゃうはずです。

そうなると、「何でもするよ!」と前のめりになってあなたのお願いを叶えてあげようとするかも。

逆に、男性に無理なお願いをされたら「こんどね!」と上手にはぐらかしてくださいね。

お願い方法を意識すると、ふたりにメリットが

男性へのお願いにハードルの高さを感じている人は、一言付け加えるなど、お願いの仕方に工夫をしてみてくださいね。

自分がお願いをして、男子も喜んでやってくれたら、お互いが嬉しいもの。

どちらにもメリットがありますよね。実践してみないのは損!

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)