いつの時代も、どうして彼氏ができないのか、理由が分からずに悩んでいる女性は少なくありません。

とくに周りの女友達が彼氏と楽しそうにしているのを見ると、ますます焦ってしまいますよね。

今回は、「彼氏は欲しいと思っているのに、いない歴2年以上」という女性に向けて、恋に発展できない理由になっていることと、その解決策についてお伝えします。

彼氏いない歴2年以上…。恋に発展できない理由と解決策3選

1.気持ちを言わなさすぎる

コミュニケーションの目的は、お互いの気持ちを思いやり、「この人はこういう人なんだな」と理解が深めていくことではないでしょうか。

その上で、「この人と私は似てる」と共感を覚えたり、「この人とは合わないな」と違いを認識したりしていきます。

恋愛でも、まずは「この人はこういう人なんだなぁ」と、あなたの人物像を相手に分かってもらうことからスタートします。

その点で、男性に自分の気持ちをほとんど言わないという人は、恋に発展するチャンスを逃してしまっています。

男性から見てあなたが何を考えているのか分からないため、どんな女性なのかも分からず、嫌われているのかと不安を感じたり、誘えるような雰囲気にならないのです。

自分の気持ちを言うことで、「合わない」と思われても良いのです。

逆に「この子、良いな」と思ってくれる男性も必ずいます。

ですからまずは、思い切って男性に自分の気持ちを言うということにチャレンジしていきましょう。

2.思ったことをそのまま言う

先の女性とは逆で、思ったことをすぐに口にしてしまう女性も、それはそれで恋に発展しないことがよくあります。

それは、余計な一言や、相手が不快になるようなことも言ってしまうためです。

相手に集中して話していれば、なんとなく相手が今どんな気持ちで話しているのか分かるものです。

すぐに言葉が出る人は、相手の気持ちに寄り添わず、相手がどう思うかはお構いなしに発言してしまうため、男性からも不評を買うことが少なくないようです。

まずは一呼吸。相手が嫌がる言い方ではないかを考えましょう。

何でも思ったことを言える人は、自分はストレスがたまらない反面、周りの人にはストレスを与えていることも少なくありません。

急いで話さなくても大丈夫。普段から何でもズバズバ言う傾向があるという人は、まずは深呼吸してワンクッション置き、「これは相手を不快にさせない?」と考えるクセをつけてみましょう。

3.自分を偽ってしまう

3.自分を偽ってしまう

男性や周りの人に良く思われたいという気持ちから、背伸びしたり無理をしたりして、自分を偽っていませんか?

誰しも少しはそういう気持ちを持っているものですが、あまりにその気持ちが強いと、どうしても本当のあなたとのギャップが表れ、実は不自然な感じが相手に伝わってしまっているものです。

そんなふうに無理に自分を良く見せようとすることで、かえって自信のなさもバレてしまいます。

そうしたことから、男性から「面倒くさそう」とか「嘘つき?見栄っ張り?」といった印象を持たれ、「近付いてはダメな女性」認定されてしまうのです。

また、自分を偽っていることは雰囲気で伝わるため、まるでバリアを張っているかのようになり、男性に近寄り難さを感じさせています。

気になる彼にこそ飾らず素を見せて。

男性は、ふとした時に垣間見える女性の「素の部分」や弱さにこそ、キュンと来ることが多いもの。

思い切って素のあなたを出していった方が、男性から「いいな」と思ってもらえる可能性が高くなります。

まずは気になる男性に、ちょっとした本音を打ち明けてみませんか?

少しずつで大丈夫!

彼氏いない歴が長くなって来ると、恋に発展しない理由があっても、自分ではなかなか気付きにくくなってしまいます。

もしこれらのことに心当たりがある人は、ぜひ解決策を試してみてくださいね。

少しずつ、恋を呼び寄せる女性になっていきましょう!

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)