片思いの彼に、いいところを見せたいのに、空回りして彼を怒らせてしまった……。

ケンカをしたら彼との関係は絶望的?いいえ。好感度を復活させるテクニックがあります!

今回は、そんなケンカをしてしまったときに使いたいテクニックを4つご紹介します。

ピンチのときの対応次第で印象はガラッと変わるもの。いざというときのために身につけておきましょう。

片思いの彼とケンカしちゃった…!好感度を復活させる4つのテクニック

1:自分の非を認めてフォロー

意中の男性を不快な気分にさせてしまったら、一度自分の非を認めてフォローするのも一つのテクニックです。

仕事の進め方や身の回りのアイテムの選び方など、自分がこだわっているところに邪魔が入るとショックを受けてしまうこともあります。

彼を怒らせてしまったら、「そういう着眼点を持っているところ、素敵ですね……!私も見習わないと!」こんな風にフォローを入れることで、自分のこだわりが褒められているため、悪い気はしなくなると思います。

逆に、自分だけのこだわりを理解してくれる人として特別な女性と認識してくれる可能性もありますよ。

2:そんなときこそ「好きアピール」をする

片思い中の彼を怒らせてしまい絶望的な気持ちになっているとき、一発逆転の裏技があります。

それは、この機会を上手く使って好意を伝えるというテクニックです。

「本当にごめんなさい。これからは気を付けるね。でも、こうやって私に真摯に向き合ってくれて、○○くんは私の特別だなって思ったの……」

こんな風に謝る+好きアピールをして、好感度を高めましょう!

相手が自分のことが好きとわかれば、印象が変わり、今まで素っ気なくしていた彼が優しく接してくれるかもしれません。

ピンチをチャンスに変えて、好意を伝える術も身に着けたもん勝ちかもしれませんね。

彼のイライラをドキドキに変えて、二人の距離をグッと縮めましょう♡

3:彼の好物でお詫びをする

片思い中の彼を怒らせてしまい、許してもらいたい…!という気持ちがあるなら、彼の好物を添えてお詫びをするのもアリ。

彼の趣味を知った上でお詫びをするのは立派なテクニックであると思います。

たとえば、彼の好きなブランドのアイテムや、美味しいスイーツなどをプレゼントして、「これで許してもらえるかな……?」とお詫びをすれば、きっと彼と仲直りができて、“気遣いのできる人”だなと思わせることができ、好感度を高めることができるはず。

この時注意したいのが、お詫びの品はあまり高価なものをチョイスしないこと。逆に彼に気を遣わせてしまうため、気持ち程度がいいと思います。

4:ビジネスマナーを用いて謝罪する

関係がまだ浅く、まだあまり親しくない場合は、ビジネスの作法を用いるのがgood。

普段仕事で活躍する男性は、一通りのビジネスマナーを身に着けています。

そのため、トラブルが起こった場合、自分ならこう対処する、相手にこう言って謝罪する、という方法論を持っています。

トラブルを起こした相手からもビジネスマナーをわきまえた方法で謝罪されると誠意を感じることができるかも。

ビジネスの方法を使った謝罪とは、悪かったところを具体的に伝え、改善策を提示するということです。

「この前は本当にごめんなさい。○○に気を付けるべきだった。これからはもっとよく○○に気を付けるようにするから、許してくれると嬉しいな」

このような感じで誠意を伝えましょう。相手が年上でない場合は、少しラフさを入れても大丈夫だと思います。

きちんとしたビジネスマナーを使えることを示すと、男性は話の通じる女性だと感じ、信頼できる人物だとみなします。

働く男性を怒らせてしまったら、ビジネスの作法で謝罪、を試してみてくださいね。

彼を怒らせたら試したいテクニック

意中の彼を怒らせてしまうと、「もうダメかも……」と気持ち的には沈んでしまいますが、きちんと謝って仲直りすれば、きっと彼も許してくれるはず。

そんな時、今回紹介したようなテクニックを使うことで、好感を持ってもらえる可能性もあるんです…!

付き合った後もぶつかることはあると思うので、今のうちに彼と心を通わせる努力をして、関係を修復しておきましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)