好きな人と恋人の関係になったら、付き合う前にはできない楽しみも増えますよね。

たとえば、堂々と相手の体に触れることができることも、そのうちのひとつ。

しかし、自分から「したい」とは言いにくいのも本音なのではないでしょうか?

ふたりの関係をより深めるためにも、またその恋を盛り上げるためにも。

今回は、男性が彼女に対して秘かに「してほしい」と思っているスキンシップをご紹介します。

「普段言えないけど、本当はしてほしい…♡」男性が彼女に求めるスキンシップ3選

驚かせるようにバックハグ

たとえば待ち合わせ場所などで、彼を驚かせるように後ろからハグをすること。

こういう光景って、ドラマやマンガのワンシーンで目にしたことがあるのではないかと思います。

普段見せない、相手の思わぬ一面を見ることができるため、このようなプチハプニングにドキドキして楽しく盛り上がることができるかも……!

真面目に付き合うのもいいですが、ちょっと肩の力を抜いてふざけたり、付き合う前とは違う一面を見せたりすることでさらにトリコにする鍵になりそう。

付き合っているふたりなんですから、いかにその恋を楽しく盛り上げるかは、あなた次第――。ぜひ次の待ち合わせ場所で試してみて。

背中をツンツン。かわいく呼び止める

たとえば彼に呼びかける際に、大胆に肩を叩くのではなく、ツンツンと彼の背中を触って声をかけることで、愛らしく感じさせることができるかも。

一見何気ない呼び止め方に思えますが、さりげないボディタッチにドキッとする男性は少なくないはず。

呼び止める他にも、並んで座っている時に彼の肩に甘えるように寄り掛かるなど、デート中にスキンシップを取り入れてみて。

言葉で自分の気持ちを伝えることも大事ですが、肌で触れてお互いの気持ちがわかることも少なくないものです。

ときにはスキンシップと織り交ぜながら、彼に自分の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

不意打ちを狙って手を握る

男性からのリードで恋が進んでいると、手を繋ぐなどのスキンシップも彼からのみ……。

しかし、男性だって、たまには女性から積極的に来てほしいと思っている人も少なくないはず。

時には彼を翻弄させるように、不意打ちを狙って自分から彼の手を握ってみて。

たとえば街を歩いている時、黙って彼の手をトントンと当てるようにして、意識させるように最終的には握るとか。

人目が少ないところでこっそりと…というのも、男性は思いがけない展開になり、ドキドキ度が増すと思います。

ぜひ彼の手を握る隙を狙う小悪魔なテクニックをお試しあれ!

時にはあなたからスキンシップを

男性側からのスキンシップが定番化すると、「普段は言えないけど、本当は彼女からもしてほしいな」と思っている人も多いと思います。

スキンシップって、単にイチャイチャするものではなく、自分の気持ちを伝えたり、その場の雰囲気を変えたりすることにも役立ちます。

恋を盛り上げる大事な要素の一つとして、時にはあなたから積極的にスキンシップを取ってみるのもいいかもしれませんよ……!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)