誰しも好きな人に「私だけを見て欲しい!」と思うのではないでしょうか。

男性が他の女性に脇目も振らずに自分だけを見てくれたら、もっと安心してお付き合いができるはず。

そこで今回は、実際に男性が「この子は手放したくない!」と思った出来事を3つ紹介します。

男性が「この子は手放したくない!」と思った出来事3つ

買ってあげたものを見つめていた

「初のドライブデートで、可愛いアクセサリーを彼女にプレゼントしました。高いものではないですが、帰りの車の中でニコニコと嬉しそうにしている彼女を見て、ずっと一緒にいたいなと思いました」(30歳・男性・公務員)

どんなものであれ、プレゼントには相手の気持ちが込められているものです。

その気持ちを、きちんと大切にできる彼女なら、彼も幸せな気持ちになれるはず。

言葉や表情、仕草などで、嬉しい気持ちを120%表現してみましょう。

ケンカの後すぐにLINEをくれた

「デート中にちょっとした意見の相違でケンカに。帰宅後、『どうしてあんな言い方をしたんだろう』と後悔していたら、『さっきはごめんね』と彼女からLINEが。すぐに仲直りしようとしてくれる子は、なかなかいないと思いました」(25歳・男性・建設業)

ときには意見が合わないときもありますし、どんなに仲の良いカップルでもケンカはしてしまうものです。

それでも、「仲直りしたい」「ホントはずっと仲良くしていたい」という気持ちを伝えることは大切でしょう。

どっちが悪いと責め合うのではなく、まずは、「機嫌を悪くさせてゴメン」と謝るのがおすすめですよ。

上手に乗せられてしまったとき

上手に乗せられてしまったとき

「ギターを購入したものの、練習したのは最初だけ。遊びに来た彼女にバカにされるかと覚悟していたら、『かっこよく弾いてる姿が見たい!』と。もう頑張るしかない!励まし上手の彼女には、ずっとそばにいて欲しい」(23歳・男性・会社員)

男性を上手に励ませる女性は、恋愛上級者と言えます。

途中で練習を投げ出してしまった彼の気持ちに共感するのも悪くありませんが、カッコイイところを見たいとおねだりするのもおすすめ!

彼の成長にもつながるので、一石二鳥ですね。

プライドを尊重するような一言を

たしかに、男性はスタイルや可愛い仕草など、女性の外見から、他の男には渡したくないと思うこともあります。

ただ、手放したくないという気持ちは、コミュニケーションのなかで生まれることがほとんどです。

プライドを尊重し男性をうまく立ててあげることで、前向きな気持ちにさせられるでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)