「彼が多忙で、普段からあまり連絡が取り合えない」

「自分からLINEすると返信はくるけど、彼からの連絡はほとんどない」

このようなこと、あなたには身に覚えないでしょうか。

連絡がマメではない彼だと、不安になることもありますよね。

いったい彼は、何を考えているのでしょうか。

連絡がマメではない彼、いったい何を考えてるの?

そもそも好きかどうか

もし彼があなたのことを嫌いなら返事はしないし、そもそも付き合っていないと思います。

ただ男性はハンターの気質があるものです。

付き合うまではマメに連絡して気を引いたり、男の中で自分が一番と思われたいがために、連絡をたくさんして彼女を落とすように努力しています。

でもいったん付き合えたら、付き合う前までの情熱はおさまってしまうようです。

これは男性の本能的なものかもしれないので、仕方ありません。

連絡がマメではないとしても、あなたのことを嫌いというわけではないでしょう。

いつまでもマメというわけではない

「好きだったらマメに彼女に連絡する」というのはよく言われている話かもしれませんが、「いつまでもマメな彼氏」というのは聞かない気がします。

付き合っている期間に比例して、連絡の回数もそれなりに減るのが普通です。

しかし、マメではなくても彼発信での連絡はあるでしょう。

上記のパターンは「付き合ってるけどあんまり好きではない」というより、「彼を好きな気持ちの上にあぐらをかいている」ように思えます。

つまり余裕な状態。彼女の気持ちをわかっているので「去っていかないだろう」とたかをくくっているのです。

だからたとえば一週間放っておいても、彼は平気ということ。

「嫌いになるわけない。自分から連絡しなくても彼女が連絡してくるから平気」と、思っているのでしょう。

マメではなくても連絡は必ずするもの

彼があなたのことを好きなら、頻度は少なくても連絡は必ずするものです。

なので、ぱたりと返事がこなくなることもまずないでしょう。

逆に彼もあなたから連絡がこなくなると、気になって心配にもなります。

返事がくるならまだ好きだと思ってもよいでしょう。ただ彼が自信たっぷりになっているだけで。

別れるべき?

「なんで私ばっかり……」、この寂しさはどうすればいいのでしょうか。

「寂しくても彼とは別れない」という女性も多いもの……。

付き合っていての寂しさと彼のいない寂しさはまったく別だから。

ちなみに男性は「彼女と付き合っていても寂しいだけ」と思えばすぐに別れます。別れを引き延ばすということをあまりしません。

引き延ばすことは無駄ですし、付き合い続けることが面倒だからです。

連絡がたくさんくるから愛されている、こない私は愛されていない。

そう考えてしまうと、余計に寂しくもなります。

実際は、たくさん連絡がくるから愛されているわけではないです。

しかしたくさん送れば女性がよろこぶからと、マメに送る男もいます。

少しずつ彼に変わっていってもらうこと

マメさは男性特有の異常な状態だったのですから、平常運転に戻ったのです。

不安になっていつも我慢できずに連絡。それを彼は見抜いていて慣れてしまっています。

「いつも彼女が連絡してくれるからいいや」と思っているのです。

そこから、少しずつ彼の気持ちを修正していきましょう。

たとえば、週に2回LINEを送っていたら完全に一回だけにする、曜日も時間帯も決めずにランダムで送る、長文を書かないなど。

すると、男性に「あれ、どうしたのかな」と思ってもらえます。

今の時点では「あれ?」ともなんとも思っていないのですから、徐々に彼の心を揺さぶっていきましょう。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)