男性は「好き」と感じていても、「好きだけど、本当に付き合ってもいいのか?」と考えることがあるようです。

どこに悩んで交際に至らないのか、不思議ですよね。

そこで今回は、男性陣に「好きでも付き合えない女性」について聞いてみました。

いつも片思いばかりで上手くいかないと感じている方は、少し自分を見つめ直す機会にしてみてくださいね。

付き合うのはちょっと…男性が「たとえ好きでも付き合えない女性」とは?

同じ大きさの「好き」を求める

「恋バナをすると、相手の恋愛観がわかる。ときどき相手にも自分と同じくらい強い好意を求める女性がいて、すこし引いちゃうんですよね……」(24歳・男性・会社員)

自分と同じくらいの「好き!」を、無意識に相手にも求めてしまっていませんか?

交際前に相手からも自分と同等の「好き」を確認できないと、次のステップに進めない……、と感じているなら要注意。

好きという気持ちは、相手に「押し付ける・求めすぎる」ものではないはずです。

「好き」という気持ちをぶつけるというよりは、彼を労ったり、感謝を伝えたり……少しずつでもいいので、彼を大切に思う気持ちを伝えてくださいね。

好きor嫌いかの2極で考えがち

「すごく会いたくても、予定があったりすると断ることってあるじゃないですか。そういうとき、むちゃくちゃガッカリされると、ちょっと親しくなるのをためらってしまいます」(22歳・男性・大学生)

好きな相手が自分に対してどのくらい好意的なのか……。

恋をしているとかなり気になってしまいますよね。

でも「デートを断るなんて、わたしのことが嫌いなのかも」なんて、「好きor嫌い」の2極で考えてしまうと、相手はプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

片思い中は、自分に笑顔を見せてくれたとか、気遣ってくれたという、前向きになれる彼の言動に注目してみましょう。

前向きな気持ちでいれば、彼もあなたに心を開きやすくなりますし、魅力アップにもつながるはずです。

恋の履歴を自分の価値にしがち

恋の履歴を自分の価値にしがち

「『○○な別れ方をした』とか、『魅力がないから彼氏ができない』とか、恋にネガティブな発言が多い女性は、あまり魅力を感じませんね」(25歳・男性・公務員)

できるだけ、恋は失敗したくないものですから、つい予防線を張ってしまうこともあるでしょう。

しかし、過去の恋での失敗や、経験不足をやたらと口に出してしまうと、せっかくの魅力もダウン……。

恋は相性次第なところもあるので、いま目のまえにいる彼との未来だけを考えてみてくださいね。

勝手に恋のライバルを増やす

「なんとなくいい雰囲気だな、と思っている子がいても、「あの子とはどんな関係なの?」と根掘り葉掘り聞かれると、逆にうんざりしてしまいますね」(30歳・男性・看護師)

好きな男性が、他の女性と仲良くしていのは、たしかに嫌なものです。

でも、ただの友達なのにまるで浮気を疑うかのように関係を問いただしてしまうと、上手くいくはずの恋も台無しに。

彼といい雰囲気になりたいなら、他の女性を気にするのはやめて、自分と彼との関係だけに集中したほうがよいしょう。

恋愛感情のコントロールを心がけて

恋をしているときは、誰だってデリケートになりがち。

ついつい余計なことをアレコレ考えてしまいがちですが、それがかえって恋愛の障害になることも。

ときどき自分の心を見つめ直して、自分と彼との関係だけに集中するよう、意識してみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)