リップは、メイクの中でも一番目立つパーツと言えるかもしれません。

リップの仕上げには、マットやグロスを使うこともありますが、男性たちがどう思っているのか気になりませんか?

気になる彼の好みを知れば、「その唇、可愛いね」と言わせられるかも!

マット派?グロス派?男性に好みの唇を調査!

自然な仕上がりが魅力的なマット

「マットなリップを上手に使っている女性は、メイク上手なんだろうなと思います。上品さもアップしますし、色が派手でなければ好きです」(30歳/男性/デザイナー)

派手すぎないマットは、唇を自然な色合いに整えてくれます。

リップが浮きすぎないよう、コンシーラーで唇の色みを抑えてから仕上げている方もいらっしゃるでしょう。

唇だけが浮いてしまうメイクが、男性にはちょっと苦手なようです。

なので、濃すぎない色のリップを使えば、メイク全体がまとまり、男性ウケもバッチリ。

お化粧上手な彼女として、彼も自慢に思えるはずです。

プルプル感がセクシーなグロス

「グロスはプルプル感がセクシーですよね。照明で照らされた唇がキラキラしていると、すごくドキドキしてしまいます」(21歳/男性/大学生)

グロスは、マットと違い、キラキラぷるぷるする仕上がりになり、非日常感がちょっぴり演出できますよね。

たとえば、ドレスを着るようなパーティーや、夜のバーでのデートなどであれば、リッチな雰囲気を演出できそうです。

逆に、昼のデートや明るい場所、カジュアルな雰囲気でのグロスは、男性から見ると少しアンバランスに感じるかもしれませんね。

ベタっとはイヤ?塗りすぎ注意

ベタっとはイヤ? 塗りすぎ注意

「マットなリップだと、唇をペタッと『貼った』ような印象になるので苦手です。いかにも塗った感は萎えますね」(29歳/男性/介護福祉士)

「ときどき、グロスがゴテゴテな人もいますが、ベタベタしてそうで、個人的には苦手です」(32歳/男性/会社員)

マットもグロスも塗り過ぎには要注意!

とくに、キスをしたときの感触がイヤという男性もいるので、少しでもキスをする可能性があるなら、リップは少し控えめにするのが正解かも。

また、色に関しても、ナチュラルな感じを好む男性も少なくないので、パーティー、女子会、デートなどによって使い分けてみてくださいね。

なにも塗らないほうがいいときも

たしかに、マットもグロスも、メイクを魅力的にするには、必須アイテムかもしれません。

ただ、これからキスをする、もしかするとキスをされるかも……、なんてときは、あえてなにも塗らないほうがいい場合も。

デート中は、マットやグロスで可愛く見せて、夜のスキンシップをするときは、リップをオフにして、夜専用のメイクでお直しをする、というのもアリ。

男性にとってみれば、デート中は可愛い彼女を自慢できますし、夜は不快感なくたくさんキスができるので、嬉しいことだらけですよ!

唇の保湿も大切!

いくらマットやグロスで可愛い唇を作ろうと思っていても、肝心の唇自体が乾燥したり、荒れていたりすると、せっかくの魅力も半減……。

普段から余計な刺激や負担をかけないようにして、保湿もしっかりしておきましょう

すっぴんでも美しい唇なら、マットやグロスを塗ったとき、もっと輝くはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)