おしゃれをするうえで、「自分が好きなものを楽しみたい!」という人も多いのでは?

でも、モテを意識するなら、自分らしさよりも男性ウケを優先したほうがいいこともあります。

もしかすると、気付かないうちに損をしていることもあるかもしれません!

そこで今回は、男性と会う際に気を付けたい、男性ウケの悪いアイテムをまとめました。

実は間違い?男性ウケの悪い「流行りもの」4つ

ティアードワンピース

今年人気のティアードワンピース。

ふんわりしたシルエットがとても可愛く、女性らしさも表現しやすいアイテムです。

でも、男性のなかには「太って見える」「てるてる坊主みたい……」と、不評も聞こえます。

体型カバーもできるアイテムですが、男性は体のラインがわかるすっきりしたシルエットのほうが好きなようです。

どうしてもデートで着たい場合は、ミニ丈のものを選んで足のラインを出す、なるべく細身のシルエットを選んでみてくださいね。

パフスリーブ、パワショル

パフスリーブやパワショルのアイテムもトレンドですが、男性にはなかなか可愛らしさが伝わらないことも多いようです。

「個性的すぎる」「体型ががっちり見える」といった意見も。

とくにボリュームがありすぎるデザインは、男性ウケがイマイチな傾向です。

こちらの流行りものも、デートに着て行く際には慎重に吟味したほうがいいかもしれませんね。

サロペット

サロペット

コーディネートが楽ちんなサロペット。

おしゃれでインパクトもありますが、「作業着みたい」「デートに着てこられるとちょっと残念……」などの男性意見が目立ちます。

とくにオーバーオールタイプのデザインは、カジュアル感が強くなりやすいので男性と会うときは避けたほうが無難かもしれません。

キャンプなどのアウトドアデートならありかもしれませんが、お手洗いの際に脱ぎ着しにくい点もあるので、筆者的にはデートにサロペットは避けておいたほうがいいかなと思います。

フェイスフレーミング

顔周りの髪だけにハイライトを入れるフェイスフレーミングは、一気におしゃれな雰囲気が生まれるトレンドのカラーリングです。

ただ、男性ウケは賛否両論。好きな人は好きだけど、「派手」「個性的」とあまり好きではない男性も多いようです。

気になる彼が、清楚系が好きなタイプなら避けておいたほうが無難かもしれません。

おしゃれで損しないために!

「コレ、いい!」「流行りそう!」と思ったおしゃれで印象がダウンしてしまうのは悲しいですよね。

おしゃれで損をしないためには自分の好きなものだけではなく、男性の感覚を理解し、意識することが大切。

とくに第一印象は、恋愛対象になるかどうかの決め手になることもあります。

男性ウケが悪いものに注意して、男性と会う際のおしゃれを楽しんでいきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)