恋愛するうえで「マンネリ」は大敵。

単純なアプローチだけを続ければ、ワンパターン化して彼が飽きる可能性もあります。

そこで本記事では、男性心をくすぐる「焦らしテクニック」をご紹介。

焦らし効果をプラスすることで、いつもの何気ないやり取りも印象を変えられます。

ぜひアプローチのバリエーションを増やす参考にしてみてください。

もう待てない…!男心をくすぐる「焦らしテクニック」とは?

たまにLINEの返信を遅らせる

好きな人からのLINEはすぐにでも返信したくなると思います。

しかし即レスのしすぎは、マンネリの原因になります。

毎回すぐに返信がくると、うれしい反面まんぞくしてしまうみたい。返信するモチベーションが下がる原因になるのです。

たまに返信が遅れるタイミングを作って、「返信はまだかな」「待ち遠しいな」と思わせましょう。

目安としては、彼の返信スピードより少し遅らせる程度がコツです。

こうすることで彼のペースを乱すことなく、程よく焦らし効果をプラスできます。

自分のことを話しすぎない

聞き上手な女性がモテるのは、自分の情報をすべて明かさないから。

ミステリアスな部分を作るためにも、自分の話はほどほどで切り上げてみましょう。

とはいえ、自分のことを全く話さない人との会話は、詮索されているような心の距離を感じます。

そのため、ある程度自分の話をするのは良いことですよ。

ただし、自分の言いたいことを一方的に喋るよりも、そのときの会話の流れや、彼の関心のあるテーマに合わせて喋ることがポイントです。

彼の共感を引きだしたり、仲間意識をもたせるような話題をえらびましょう。

また自分が話したら、相手の話をきくタイミングを作ることが重要です。

次のデートの提案は早めに

好きな人とのデートが待ちどおしいと、会ったときの感動も大きくなります。

次のデートの提案を早めにすることで、「楽しみだな」「早くデートの日にならないかな」と思う瞬間がふえ、彼のデートに対するモチベーションが上がるのです。

できればデート中に、次のデートの話を進められるとベスト。対面の方がお互いの意見を出しあえて、話がトントン拍子で進みやすいです。

そのためには事前に自分の予定を調整したり、彼が興味をもちそうな行先をリサーチしたりするといいですね。

自分のペースを守る

「本当はやりたいことがあったけどいいや」と無理に彼に合わせるより、きちんと自分のペースをまもった方が、自然と焦らすことができます。

たとえば次に予定がある場合は、無理にデート時間を引き延ばす必要はありません。

彼のために他の予定を断ることも、自己犠牲的なのでいいとはいえないでしょう。

デート・LINE・電話のどれも、時間に制限があるからこそ特別感が生まれます。

楽しむのはOKですが、生活のすべてが恋愛中心にならないように注意しましょうね。

オンオフのメリハリをつける

仕事中や友達と会っているときなどは、目の前のことに集中しましょう。

同時並行で彼とLINEしたり、ほかの予定を削ってまで彼に会いすぎると、焦らしのない、追う恋愛になってしまいます。

焦らし効果は、程よい距離感がポイント。そして、意図して距離を作るよりも、オンオフのメリハリをつけた方が冷たい印象を与えません。

「焦らし」と聞くと相手を不安にさせる駆け引きをイメージしがち。しかし、心を揺さぶる極端なアプローチは男性にストレスを与えるため、できるだけ控えましょう。

ナチュラルな焦らしテクを取り入れよう

焦らしはナチュラルな誘導だからこそ映えます。

いつものやり取りに軽くプラスして、無理なく焦らしをマスターしましょう。

また、彼を不安にさせたり不機嫌にさせるほどの強い焦らしは、逆効果になりかねません。

焦らすだけでなく、愛情表現やスキンシップも大切にしてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)