コロナ禍で思うように恋愛ができなかったり、愛をはぐくめなかったりして悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

本記事ではコロナ禍でもラブラブなカップルの秘訣を紹介します。

関わり方次第で、破局したり、反対にラブラブになることもあるみたい。

コツを掴んでこの大変な時期を乗り越える参考にしてみてください。

今までよりも仲良しに!自粛中にもっとラブラブになったカップルの秘訣

2人でできることを探した

運動・貯金・趣味など、2人で共有できる話題が多いカップルほど、ラブラブが維持できるみたい。

コロナ禍でできることとしては、ランニングデート、通話を繋ぎながら同じ趣味を楽しむなどが挙げられます。2人の趣味関心に合ったできることを探してみましょう。

反対にお互いの関心がバラバラだったり、楽しめる共通のテーマがないと、心の距離を感じてしまうようです。

通常時であれば、デート先に楽しめる物が用意されていたり、スキンシップを取ることで心が満たされます。

しかし、外出が限られたり対面できない今だからこそ、友達と接する時のような共通の趣味関心を重視しましょう。

密に連絡を取るようになった

LINE・メール・ビデオ通話・電話などをマメに利用しているカップルは、会えなくても心の距離が近くなります。

意識的に「丁寧に連絡しよう」「LINEや電話の時間を大切にしよう」と思っているからこそ、心が通じ合うのでしょう。

また、連絡の数が多いのに破局してしまうカップルは、連絡の“質”を気にしていない傾向があります。

雑なメッセージを送りすぎると逆効果になることも。そのため、目の前に相手がいるような意識で連絡しましょう。

一緒に料理や家事を楽しんでいた

おうち時間が増えると娯楽を楽しむにも限界があります。

コロナによる自粛は長期戦が見込まれるため、生活の一部ともいえる料理や家事を一緒に楽しめるとマンネリしにくいでしょう。

コロナ禍でもラブラブなカップルは、こうした何気ない日常もプラス思考で共有できます。

何気ない場面でも「一緒にやってみる?」「手伝ってくれると嬉しいな」を声をかけて、コミュニケーションを取る瞬間を増やしましょう。

「会えない期間」よりも「会える日」を意識した

会えないことに不満を感じるより、会える日を楽しみに毎日を過ごした方が、ストレスなく交際できます。

寂しさやイライラが湧き上がった時には「会えるのが楽しみだな」とプラスに変換してみましょう。

コロナ禍でラブラブなカップルは、こうしたネガティブな感情を上手に受け止めています。

どうしても我慢できない時には、短時間の電話などの負担が少ない方法で解消しましょう。

1人の時間も充実していた

どんなにマメに連絡を取り合っていても、多少は欲求不満を抱えてしまうもの。

コロナ禍でできた一人の時間を楽しめると、マイナスな思考になりにくくなります。

そのため、もし「彼と連絡する以外することがない」「一人の時間はただダラダラするだけ」と言う場合、熱中できる趣味などを見つけましょう。

いつもよりこだわった料理に挑戦したり、筋トレなどで理想の体型を目指したり、自分磨きに取り組むこともおすすめ。

久しぶりに対面した彼が惚れ直すかもしれませんよ。

自粛明けも愛情をキープしよう

思いのほか長く続いたコロナ自粛に、もどかしさを感じている方も多いかと思います。

今回ご紹介したように、おうち時間の過ごし方や連絡の取り方、モチベーションの保ち方を意識することで、愛情をキープすることが可能です。

関わり方を提案したり、自分自身が実践することで、2人の関わり方を見直す機会にしてみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)