好きな男性から脈アリな言動が見られると、とても嬉しいですよね。

しかし、なかなか彼の本音が見えないと、自信を失ってしまうことも……。

本記事では男性が、本命女子の前でウッカリやっていることを、ご紹介していきます。

男性からの脈アリを確信できると、恋愛に前向きになれるかもしれません。

ぜひ、さらに自信をつけるきっかけにしてみてください。

本音が隠しきれない…!男性が「本命」だけに見せる言動

気がつくと目で追っている

「無意識に、好きな子の方を見ちゃうんですよね。バレちゃダメって分かってるけど、我慢できず目で追っています」(20代/公務員)

男性の多くは、好きな女性に気付かれないように、コッソリ遠くから見つめています。

「よし、見よう」と意識しているのではなく、本人も無意識のうちに目で追ってしまうのです。

そのため、目が合うと焦ってそらすこともあるみたい。

また遠巻きに、ライバルになる男性がいないかチェックしたり、アプローチのヒントを探る意図もあるのだとか。

デートに誘うために、いろいろと作戦を練っているのかもしれませんね。

自分からはLINEを終わらせない

「できる限り、好きな子とのLINEは長く続けます。
彼女から返信が来なくなったら、ちゃんと引きますけどね」(30代/不動産)

男性側になるべくLINEを続けたい意図があるからこそ、どんなメッセージを送っても返信が来ます。

本命女性から返信をストップしない限り、いつまでもやり取りが続くでしょう。

LINEなどのマメな連絡が苦手な男性も、恋愛モードになると、コツコツと努力できるようになります。

そのため交際後に、気がゆるんで返信が雑になるケースが少なくないようですが……。

いずれにせよLINEの返信がマメなのは、脈アリサインといえるでしょう。

下心があっても隠す

「僕も男だからちゃんと下心はあります。
でも、女性目線では戸惑うだろうから、安心してもらうために我慢しているんです」(20代/コンサル)

誠実に思われたいからこそ、本心ではボディタッチなどしたくても我慢するようです。

また、付き合うまでは「かわいい」「好き」と言いすぎないように控える男性も数多くいます。

男性から愛されること自体は嬉しいですが、女性からするとタイミングや順序がありますよね。

女性は男性よりも、時間をかけて恋愛感情が育ちます。

こうした女性心理を踏まえて、男性は自分の中の愛情にブレーキをかけているのです。

相手を本気で心配する

「職場の後輩のことが好きなんですけど、いつも頑張りすぎだから心配です。たまには僕を頼ってほしいな」(20代/IT)

本命女性に対しては、繊細な変化にも気づいて立ち回ります。

また心配しすぎるあまり、女性の言動に対して、注意・アドバイスすることもあるようです。

困っているといつも声をかけ、助けようとしてくれる男性がいるとしたら、きっとあなたのことが大切だから。

男性の「好き」という気持ちは、「守りたい」欲求にも直結していて、本命女性の幸せを心から望んでくれるのです。

反対に大変な状況で関心を向けてくれないのは、彼の中で本命度が低いのかもしれません。

ケースバイケースではありますが、少なくとも男性が本気で心配してくれるときは、本命サインとして受け取りましょう。

本命サインをキャッチしよう

今回ご紹介した以外にも、様々な本命サインがあります。

そのため、まずは彼の言動を注意深く観察することが重要。

あてはまる本命サインを見つけたら、スルーすることなく自分からも距離を縮めましょう。

また男性の多くは、シンプルに物事を考えています。

本命なら具体的に「連絡先を聞く」「デートに誘う」「告白する」などの分かりやすいアプローチが増えるのです。

そのため、彼がアプローチしやすい雰囲気づくりをして、彼の気持ちを後押ししましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)