お互いが好き同士で、ようやく付き合えた。このような、はじめの頃の新鮮な気持ちはいつまでも持っていたいですよね。

いっしょに過ごす時間が多くなるにつれて、相手のどこかの部分に飽きを感じてきてしまうということも、仕方がないのかもしれません。

しかしいつまでも付き合い立ての気持ちを忘れず、ラブラブでいるカップルも数多くいます。

彼と良好な関係を保つためには、どんなコツがあるのでしょうか。

次のページから、具体的なコツを5つ紹介していきます。

いつまでもラブラブでいたい! 彼と良好な関係を保つ5つのコツ

言いづらい秘密があることを理解する

誰にだって隠しごとはありますし、やましいことじゃなくても言いたくない、知られたくないことってありますよね。

そんな秘密を尊重することも、幸せな関係を築く秘訣のひとつ。

とくに男性は、プライドを保ちたい気持ちから「恥ずかしい過去は言いたくない」ということも多いように思うのです。

浮気や嘘はもちろんいけないことですが、それ以外のことで彼が言いたくなさそうなら、その気持ちを理解してそっとしておいてあげましょう。

そのほうがふたりの関係を良好に保てますよ。

「違っていて当然」とお互いを認め合う

良好な関係を保つためには、小さなイライラを少しでも回避することが大切。

相手への不満やいらだちは、積もり積もっていきやがてすれ違いやケンカの原因となるでしょう。

他人同士ですから、考えや習慣が違って当然。その違いを尊重してお互いを認め合うことが、良好な関係を保つポイントとなるのです。

あらかじめ「違っていて当然」と思っておけば、イライラすることもストレスも減ってくると思いませんか?

連絡はこまめにとる

コミュニケーションは、ふたりの愛情を持続させるうえで欠かせません。

どんなに好きでも、会わない連絡しないといった状況がつづく場合。

相手がいない日常に慣れてしまい、愛情が薄れてしまいやすい傾向にあります。

なかなか会えなくても、こまめに連絡をとってコミュニケーション不足を解消することが関係を長続きさせるコツ。

こまめにと言っても重く考えず、長いメッセージは送らなくてもOKです。

逆に短文の連絡だとお互いの負担になりにくいので、マメに連絡をし合う状態になれるかもしれません。

離れて過ごす時間も意識的につくる

いつも一緒にいると慣れが生じてしまいますし、疲れてしまうもの。

長続きカップルの多くが、離れて過ごす時間も大切にしています。

「会いたい」「寂しい」と思う感情は、いつも一緒にいたら芽生えません。

離れて過ごす時間があるからこそ、相手への愛情を実感する機会が生まれるのではないでしょうか。

当たり前の存在ではなく、特別な存在だと実感し合える時間をつくること。

そうすることで、お互いを大切に思う気持ちが強くなるはずです。

年に数回、大きなイベントを計画する

マンネリは愛が冷めてしまう原因になりやすいもの。新鮮さを味わうためにも、旅行や記念日デートといった大きなイベントはとても重要です。

非日常を味わえる楽しい計画を進めれば、マンネリ回避だけではなく愛が深まるきっかけづくりに。

もし心当たりがある人は、これを機に計画してみてもよいでしょう。

良好な関係は努力次第

人の気持ちは変わりやすいもの。付き合いつづけるうちに熱量が冷めていってしまうというのは、どんな人にも共通するのかもしれません。

しかしカップルの良好な関係は、努力次第でつづいていくものです。

まずは自分にできることから、ひとつずつ試していきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)