「自分はすごい!」と言わんばかりに男性に対して自慢したり、思い込みの強かったりする女性もいますよね。

じつは、そんな女性は知らない間に男性からイタい女性と思われているかもしれません。

そこで今回は、男性から見てイタい女性の言動をご紹介します。

これは恋愛対象外!男性から見てイタい女性の言動4つ

「男は〇〇!」と決めつける

恋愛経験において、悩みはつきものです。

だからこそ、「男って、いつも〇〇!」と決めつけていませんか?

しかし、そんなふうに男性を決めつけてしまうと「いや、まだ俺のこと知らないでしょ……」という反感をかってしまうかもしれません。

男性に対する決めつけはせず、これから彼のことを知っていこう! という気持ちでいることが大切です。

「昔はモテた」発言

モテるということは、なにかしら理由があるはず。

たとえば、笑顔が素敵、色気がある、単純に可愛いなど。

しかし、昔はモテたことをアピールしても、過去の栄光にすがっているイタい女性と思われるだけです。

男性が知りたいのは今のあなたであって、昔のあなたではありません。

過去の実績を見せびらかすのではなく、今の自分を彼に見せてくださいね。

下ネタをオープンに話す

下ネタを恥ずかしがらずにオープンに話す女性は、男性から敬遠されがちです。

もちろん、女性が下ネタを話しても抵抗がない男性もいます。

しかし、女性自ら下ネタを話しまくるのはあまり良いこととは言えません。

「恥ずかしいけど、ちょっとは話せる」や、「お酒が入るとちょっと大胆になる」くらいがベターでしょう。

持ち物がブランド物ばかり

持ち物のほとんどがブランド物で固められていると、男性は遠ざかっていく傾向があります。

たしかに値段の高いものは質もいいですし、センスもよいものがたくさんあるでしょう。

しかし、ブランド物以外はお断りという雰囲気が出てしまうと「お金がかかる女性」と思われかねません。

ブランド物はバッグやアクセサリーだけにするなど、男性に警戒させない数だけ身につけるようにしましょう。

イタい女性にならないように注意して

やたら自慢話が多かったり強いこだわりを主張する女性は、男性からイタい女性に見られがちです。

相手の反応を見ながら、気持ちの良いコミュニケーションを取っていきましょう!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)