付き合っていると「もしかして……別れそう?」などと不安になることもありますよね。

自分たちの交際は順調そのものだと思っている場合でも、じつは知らず知らずのうちに彼の心が離れているなんてことも。

今回は、破局が近いカップルの意外な特徴について、男性に意見を聞いてみました。思い当たることがないかチェックしてみてくださいね。

あなたたちは大丈夫?破局が近いカップルの意外な特徴3つ

お互い言いたいことを言う

「こないだ別れた彼女とは、最後のほうは、もう言いたいことズバズバ言ってました。それで怒って喧嘩別れになっても、べつに良いかなって。

付き合いはじめは嫌われたくないから、傷つけるような言葉を言わないように、今より慎重だったような気がする」(26歳/IT関連)

お互いの意見を遠慮せず言い合えているということは、一見「それだけ信頼しあえているのかな」と思うかもしれません。

しかし、「もう別れてもいい」と思っているからこそ、なんでも言っているという男性も意外といるようです。

以前よりも彼が物事をはっきりと言ってくると感じたら、破局のサインかもしれません。

名前を呼ばなくなる

「5年くらい付き合っていて同棲していた彼女。最後のほうは、なんか彼女というか家族みたいな感じで、呼ぶときも名前じゃなくて『ねえ』とか『おーい』とかで呼んでいた気がします。

名前を呼ばなくなるのって、ちょっと女性としての認識が薄れたタイミングでもあるような気もするので、危ないっちゃ危ないのかもしれませんね」(31歳/会社員)

付き合いはじめは名前で呼ばれていたけど、「お前」とか「おい」などと、呼ばれているなんてことはありませんか?

あなたは、それだけ長い期間付き合っている証拠と思っているかもしれません。

しかし男性からは、名前を呼ぶのすら面倒くさいと思うようになった、という声や、あまり女性として見られなくなったなんて声も。

デートがワンパターン化

「むかしは彼女がよろこぶ顔が見たかったから、疲れていても休みになると必ず出かけていました。でも今は基本、家でゴロゴロして、ご飯食べての繰り返しばっかりですね。

彼女は出かけたいみたいだけど、わざわざ出かけようなんて気が起きません」(29歳/公務員)

別れる直前の時期は、「わざわざ出かける気が起きなくなった」「デート場所を考えるのが面倒」という男性の声も多くありました。

頻繁に会っているからといって、家デートばっかりなどワンパターン化している場合は、彼の気持ちが離れてしまっている証拠かもしれません。

本当に疲れているのか、面倒だから出かけたくないかの見極めが大切です。

1つでも当てはまったら彼をよく観察して

日頃のなにげない彼の行動のなかに、破局のサインが隠れていることがあります。

今回紹介した特徴に当てはまった場合は、よく観察してみましょう。

別れたくない場合には、修復するため対策を取り、彼の気持ちを引き戻せるよう努力してみましょう。

別れてもいいかも?という場合でも、本当に別れても後悔しないか、しっかり判断してくださいね。

(愛カツ編集部)