男性からではなくて女性から告白する、というのも珍しいものではなくなってきました。

意を決して男性に気持ちを伝えて、彼から「俺も好き」と言ってもらえたら、とってもうれしいものですよね。

ですが「俺も好き」と言ったものの、それが彼からの「付き合いたい」という気持ちに直結しない場合もあるんだとか。

女性から告白されて「俺も好き」と言う男性は、どんな気持ちなのでしょうか。

告白した男性から「俺も好き」と言われたけど、どういう気持ちなの?

好きだけど、付き合う気持ちはない

恋愛対象としての「俺も好き」という言葉だったとしても、そのあと実際に付き合うという話が出なければ「両思いのはずだけど……これって付き合ってるの?」と戸惑ってしまいますよね。

一度告白が成功してホッとしたのもつかの間、すぐさま「じゃあ付き合う?」というような話にはなかなか運びづらいでしょう。

相手の男性が「俺も好き」と言ったあとになにも言ってこないのであれば、もしかしたら「友達以上恋人未満」のいまの関係を楽しみたいと思っているのかもしれません。

女性が思っているより、この関係がラクだし楽しいし、気分が盛り上がると感じる男性は意外と多いのです。

キープしようと考えている

告白してくれた女性がそこそこかわいい、好きではないけど嫌いでもない。

このような相手だった場合、キープしてそばに置いておきたいという思いから「俺も好き」と同意する場合があるようです。

「せっかく自分を好きだと言ってくれた相手を手放したくない」「モテる自分を実感していたい」という男性心理が無意識にはたらいてしまうのかもしれません。

告白したあともいままでと変わらない関係のままや、外でのデートに乗り気ではないといった様子が彼に見られたら要注意。

まわりの人に、あなたと一緒にいるところを見られないようにしているのかもしれませんよ。

友達として好き

友達として好き

「俺も好き」と言ったはいいものの、恋愛ではなく「友達として好き」という可能性も考えられます。

くわしく説明しなくても大丈夫だと考える男性もいるようで、『相手も、僕の好きという意味を分かってくれているだろう』と勝手に勘違いしているかもしれません。

恋愛としての「好き」ではないということは、そのあとあなたとの関係を進展させる気はないということでしょう。

ハッキリと「友達として好きだから」と言ってくれれば、こちらとしても諦めようがあります。

しかしとくになにも言われないまま、そのあといままでどおりの関係が続いていくと、『いまの私たちはどんな関係?』と不安に感じてしまいますよね。

彼からの「好き」はどういう意味での「好き」なのか、しっかり確認しておきましょう。

真剣な雰囲気をかもし出して

できることなら告白するときに、「あなたが好き」と「付き合ってほしい」はセットで彼に伝えたいところです。

そうすれば、彼も中途半端な気持ちで「俺も好き」なんて言葉は発しないでしょう。

彼が軽い気持ちであなたに同意ができないよう、真剣な雰囲気をかもし出しながら告白するのも効果的かもしれません。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)