「お互い意識してるけどなかなか交際に発展しない」とか「体の関係はあるし、たまにデートもしてるけど……別に付き合っているわけではない」という歯がゆい関係。

「彼の恋人に昇格したい」と思っている女性も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「友達以上恋人未満」のあいまいな二人の関係を、急速に発展させる方法をご紹介します!

彼と距離を縮めたいのなら、意識的に取り入れてみてくださいね。

あいまいな関係にサヨナラ!彼の「恋人」に昇格する方法3つ

1.ヤキモチを焼かせる

二人で食事に行く関係だけど、なかなか交際に発展しないなぁ……という場合は、自分から告白したほうが早い気もしますが、「自分からはできない!」という女性も多いもの。

それならば、「相手の告白を引き出す」ようにするしかないです。

ちょっとだけ「嫉妬を煽る」のが、オススメのテクニック。

たとえば、共通の友達がいるのなら、「あの子この前、男性に食事に誘われてたよ」と耳打ちしてもらうなど……。

彼がちょっとでもあなたのことが気になっているなら、少なからずヤキモチを焼いてくれるはず。そして、「他の男性に取られたくない」と思えば、告白してくれるでしょう。

2.「カップルっぽいこと」をする

意中の彼とデートできるけど、なんだか距離がある……というのなら、ちょっと「カップルっぽいことをしてみる」のもアリだと思います。

たとえば、帰り道に手をつないでみるとか、いっそのことキスしてみるとか。

二人で何回かデートできている時点で、あなたに対する彼の好意は、少なからずあると思います。

ただ、どう距離を縮めていいか慎重になりすぎているだけかと。

なので、焦れったいのならば、あなたから少しずつアクションをおこしていくのが◎

デートしている相手に手をつながれて、嫌な気分になる男性はいません。

むしろあなたからアクションをおこしたほうが、彼も告白する勇気が出るんじゃないでしょうか?

3.勇気を出して本音をぶつける

10年くらい前の、筆者自身の体験談にもとづいてオススメしたいテクニックがこれです。

あいまいな関係を続けていた男性と、なかなか恋人どうしになれず、ヤキモキしていました。

筆者が彼に何度告白しても、彼は言葉をにごすばかり……。

そして2年くらいたったとき、ついに飲食店の個室で本音をぶちまけたんです。

本音を伝えながら泣いていると、対面に座っていた彼がすっと立ち上がってハンカチで筆者の目元を押さえ、なぜか彼も泣いてたんです……。

この日初めて、彼が告白をにごす理由がわかりました。

「付き合ったら、結婚しないかぎり、どこかで別れる可能性が高いでしょ。そしたらもう会えないかもしれないじゃん。

できれば長く一緒にいたいし……正直付き合う云々ではなく、一緒に生活していけるかどうかという将来のことを考えてたから、すぐに答えが出せなかった」と。

つまり、「結婚の話をしたら重いかな」と思って、言えなかったらしいです。

本音でぶつかったことで、すごくスッキリしました!

ただこのあと、彼が転勤になってしまい……若い筆者には遠距離は無理だったようで破局しましたが、いい経験になりましたよ。

彼にもっと近づきたいのなら、彼の顔色を伺うよりも、本音でぶつかったほうがいいと思います。

自分からアクションをおこそう!

友達以上だけど、なかなかその先に行かない!焦れったい!……というのならば、流れに任せるだけじゃなく、今回ご紹介したようなアクションを少しずつ実践してみるのがオススメ。

もしかしたら拍子抜けするほど簡単に、夢の「彼女」の座が手に入るかもしれませんよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)