気になっている男性と話をしていると、緊張や恥ずかしいという思いから素直に気持ちが表現できない。

このような経験に、身に覚えありませんか。

その思いがあるのは素敵なことですが、話が回りくどかったりよく分からなかったりすると「めんどくさい女の子だなあ」と男性に思われてしまうことがあるかもしれません。

そこで今回紹介するのは、「男性が『めんどくさい』と感じる女性の特徴」。

当てはまる部分があったら、要注意かもしれません。

話にまとまりがない

ダラダラとまとまりのない長い話をしてしまう女性も、いるかもしれません。

女性同士の会話であればよいのでしょうが、男性はそういった話を聞いていると「なにが言いたいの?」とイライラしてしまうことも。

いつもまとまりのない話をする女性とは会話自体をしたくないとも感じるようになるので、自然と避けられてしまう可能性もあります。

好きな男性とは少しでも会話をしたいという気持ちも分かります。

ですがなにも整理していないままずっと話してしまうと、あなたとの時間がめんどくさいものだと男性に思われてしまうかもしれません。

男性に察してもらおうとする

そもそも男性は察するのが得意でないことが多いですし、とくに女性の考えていることはなじみがないものです。

女性は「言わなくても分かってほしい」と考える人も多いですが、男性にそれを求めすぎるとけむたがられることになるかもしれません。

男性にこうしてほしいという意見があるのなら、やはりそれはちゃんと伝えるべきです。

はっきりと気持ちを伝えていないにもかかわらず、男性の察しない様子に不満そうな顔をしてしまった場合。

ただの「自分勝手なワガママ女」という印象になってしまうだけかもしれないので、注意しましょう。

悪いほうにばかり考える

悪いほうにばかり考える

物事をなんでも悪いほうにばかり考える女性とは、いっしょにいても楽しい気持ちになれないでしょう。

これは男性女性にかかわりません。誰だって、そうなのではないでしょうか。

なんだか自分まで暗い気持ちになりそうで、近づきたくなくなる気がします。

「私がいけないんだ」とか「きっと私って嫌われてるんだ」なんてことばかり言われたら、男性は「めんどくさい女の子だなあ」と心のなかで感じるはず。

すべてをポジティブに捉えなければいけないわけではないですが、自分で自分のことを否定しすぎると、自分の価値をどんどんと下げていくことにもなってしまいますよ。

かまってもらいたがる

かまってもらいたがる女性は、めんどうで回りくどい人だと男性に思われてしまうかも。

とくに常に自分が中心になっていないと気が済まないタイプの女性は、男性からはかなりうっとうしく思われてしまうでしょう。

軽く甘える程度にかまってほしい雰囲気を出すのであれば、男性にとってもかわいらしく感じるし、なんならキュンとするもの。

いつもはそんな素振りを見せないのに、2人きりになったときにだけかまってほしそうにする。

そんなギャップを少しずつ見せていくことができると、男心をつかめていけるかもしれません。

素直に気持ちを伝えよう

結局のところ素直に気持ちを伝えてくれる女性のほうが、男性からの好感度は高いのかもしれません。

しかし先ほど話したとおり、素直にとは言っても「かまってもらいたがる」ように相手のことを考えないのは気をつけましょう。

男性はどちらかと言うと鈍感な人が多いかもしれません。

回りくどい行動をしていては思いに気づいてもらえないですし、それどころか「めんどくさい」と思われることも。

もし心当たりがあったら、意識して直していけるとよいですね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)