気になる彼とのデート。

そのときが楽しければいいのはもちろんのこと、「またデートしたいな」と思ってもらうことができれば、嬉しいですよね。

さらに「名残惜しい」なんて思ってもらえれば、次のデートのお誘いもきやすくなるでしょう。

今回は、男性が「次のデートに誘いたくなる瞬間」を3つご紹介します。

名残惜しい!男性が次のデートに誘いたくなる瞬間3つ

黙ってくっついて来るとき

「おしゃべりしながら楽しく歩いていましたが、ふと人通りが少なくなった瞬間、彼女が無言でギュっと腕を抱いて、そのまましばらく歩きました。

この時間、いいな~と思いました!」(30歳・男性・運転手)

「公園のベンチで、彼女とひっついて座っているとき。彼女がうとうとして、肩に頭を預けてくれて……。

永遠にこのままでもいいとさえ感じました……」(29歳・男性・証券会社勤務)

基本的に、デート中は楽しく会話しているはず。

でも、無言の時間こそ、触れ合う感触や相手の温度、存在をより強く感じられ、「もっと一緒にいたい」と、強く思わせるのかもしれません。

みなさんもデート中は、メリハリをつけてみてはいかがでしょうか。

楽しくおしゃべりする時間のなかで、口数は控えめに、静かに過ごす瞬間を作れば、彼の「もっと一緒にいたい」という気持ちを刺激できるかもしれませんよ。

「写真撮ろう」と求められたとき

「駅前の待ち合わせスポットで会って、帰るときもそこで別れることに。

そのとき、『写真撮っとこ!』と言われ、今日は楽しんでくれたんだと実感し、名残惜しくなりました」(31歳・男性・会社員)

「春の庭園に行ったとき、満開の花をバックにして、一緒に写真撮ろうと、たくさん求められました。

この時間がずっと続けばいいなと思いました」(28歳・男性・飲食店勤務)

写真はそのとき、その瞬間を焼き付けることができますよね。

だからこそ、「いま」の価値を強く感じるよう。

「あぁ、幸せだな」と思い、名残惜しくなるのでしょう。

デート中に1回は、一緒に写真を撮ってみませんか?

特別な瞬間や、絶景でなくてもOK。

デート中の何気ないタイミングのほうが、「2人一緒」というのを意識してもらえるはずです。

楽しそうにはしゃいでいるとき

「やっぱり彼女の笑顔が一番です。心から笑ってくれているなら、いつまでもそばにいたいと思えます」(33歳・男性・作家)

「同僚の子を水族館デートに誘いました。職場ではマジメで物静かなタイプ。

そんな彼女が、いろんなものを見ながらはしゃいでいて、本当に特別な時間だと感じました」(28歳・男性・会社員)

デートは楽しく過ごせることがなにより大切ですよね。

相手の女性が、心から笑ってくれる時間にできたなら、男性としてはこのうえない喜びを感じるでしょう。

はしゃぐのは、大人げなくて恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、楽しいときは思いっきり楽しむのが◎

満面の笑みを、相手の男性に見せてあげてください。

もっと一緒にいたいと、強く感じてもらえるはずです。

一緒にいる時間を楽しんで

男性にとっては、相手がどんな反応をするかが、今日のデートの通知表となるようです。

ときにはそれが、男としての価値に見えてくることも。

あなたも、いろいろな表情で彼を楽しませてあげてください。

「もっと一緒にいたい」と感じさせてあげれば、きっとそのお返しにたくさん愛してもらえるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)