年下の気になる彼の気持ちがわからない……と不安になることはありませんか?

同年代じゃないからこそ、余計になにを考えているか気になりますよね。

相手からの脈ありサインは、意外なところに隠されているよう。

ここからは、「年下の男性が気になる女性に見せている言動」を4つご紹介します。

脈ありかも?年下男性が気になる女性に見せる言動4つ

「可愛い」とよく褒めてくれる

褒められるときに、「可愛い」や「似合う」というセリフがよく飛んできませんか?

それは、「同世代と同じ目線で、女性として見てます!」というメッセージかもしれません。

年上だからといって、変に年上扱いしないことで、対等に恋愛をしたいと思っているのかも。

こんなセリフで褒められたら、「やった!」「そうでしょ~?」と、ちょっとお茶目に、ノリよく答えてあげましょう。

「○○くんに褒めてもらえてよかった」と言えば、彼のアタックが増えてくるかも。

弱点を自ら話す

「俺、○○がダメなんですよ」「あ~!僕めっちゃ苦手!」など、自分の欠点を自ら話すなら、脈ありかもしれません。

好きな人の前ではかっこいい自分を見せたいのが男性というもの。

でも、年上の女性が相手となると、弱点や欠点をさらけだすことで、自分にどれくらいかまってくれるかをはかろうとする傾向にあります。

ちょっとした母性愛を感じたい、甘えたいという欲があるのかもしれません。

そんな彼の発言を聞いたら、「○○のときは私に任せて」「○○は一緒にやろっか」など、欠点を受け入れるのがポイントのよう。

そんなところも好きと伝えたり、次の約束をしてあげたりするのがおすすめです。

男らしさをアピールしてくる

相手が年上の女性だからこそ、「年下の男の子」ではなく、「頼れる男」として見てもらいたいと思っている傾向があります。

たとえば、重いものを持ったり、遅い時間は送ったり。

「俺に任せてください」的なアピールが多いのも、脈あり行動のひとつ。

「さすが!○○くんに甘えちゃってるね私~」「○○くんなしじゃ私ダメかも~」と、すこしオーバー気味に、頼りになる存在であることを表現してあげましょう。

奢ろうとしてくる彼には、素直に甘えてみてください。

ちょっとした差し入れやお礼でお返しすれば、さらに好感度を上げられるはずです。

どんな人がタイプか聞いてくる

「○○さんは、どんな男が好みなんですか?」という質問をされたら、脈ありかもしれません。

もし、年下や同世代の女性が相手なら、「俺っていい男だろ?」と、自分を売り込む傾向があるのですが、相手は年上。

ヘタに自分をアピールすると、経験不足が露呈するかも……という不安があるケースも。

そんな背景から、年上の女性相手には、その経験から導き出される「いい男」に合わせて、自分を成長させていくほうが得策と考えている可能性があります。

正直に好みのタイプを答えてあげましょう。

ただしそのタイプが、年下の男性からあまりにもかけ離れていると、「あなたはお断り」メッセージになりかねません。

ある程度は、彼の好きなところを、好みのタイプ要素に含めるのがおすすめです。

アンテナを張ることが大事

女性に対して、安心感を求めたり甘えたい欲はあったりするものの、男としても見てほしい。

年下の男性には、そんな感情があるみたいです。

よく話しかけてくるなら、アンテナを張って、発言のなかから脈あり要素をチェックしてみましょう。

少しずつ、恋の種をまいていくことが大切かもしれません。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)