どんなに仲良しのカップルにも、別れの危機が訪れる可能性はあります。

そういった状況に陥ったときに、どういった対応を取るのかが、運命を分けるカギになるでしょう。

今回は、「別れの危機」を乗り越えるためのコツを紹介します。

諦めないで!「別れの危機」を乗り越えるための3つの方法

お互いの考えを認める

いつまでも長続きするようなカップルは、「考え方や価値観がピッタリと合っている」などと思われがちです。

でも、考え方が全く同じ人なんてそうそういるものではないですし、同じだからうまくいくという単純なことでもないでしょう。

むしろ違う考え方であっても認めて、違うことを楽しむことができるふたりの方が、いつまでも一緒にいられるはず。

頭ごなしに否定や拒絶をするのではなく、お互いにまずは受け入れてあげることで、信頼だって深まってくものですよ。

言いたいことは伝える

「別れの危機」を乗り越えるためには、やはり最終的にはじっくりと話し合うことが何よりも大切。

ふたりでいるときの雰囲気や空気感があまりよくない状態になってきているのなら、そのままにしておくのではなく、無理にでも話をする時間を作るべきです。

その際には、不満に思っていることや直してほしいところなども含め、膝を突き合わせて腹を割って話し合うようにしましょう。

感情をぶつけ合うのではなく、あくまでもより良い関係性を築いていくための時間を持つようにすると、お互いの本当の気持ちがわかったりもするものですよ。

いちど頭を冷やす

激しいケンカや言い争いなどをして、頭に血がのぼっているときは、「もうこんな人とはやっていけない」なんて思ったりもするでしょう。

でも、そのままの勢いで感情的になりすぎると、ふたりの関係性はただただ悪化していくだけ。

ヒートアップして傷つけ合う前に、まずはいちど、頭を冷やすことがとても大切です。

お互いに攻撃し合うようなケンカになりそうなら、とにかく一旦間を置かないと、本当に別れにつながっていってしまいますよ。

異性との交流を持つ

異性との交流を持つ

常に一緒にいると、どうしても飽きたり、マンネリしやすかったりするもの。

ふたりの関係にそういった倦怠ムードを感じるのであれば、他の異性にちょっとは目を向けてみるのもアリかも。

なにもそれは浮気をするということではなく、「彼氏だけ」という窮屈感や閉塞感をなくすためにも、他の男性とも多少は交流を持つということです。

2人きりはさすがに無駄な誤解を生むだけなので、みんなで食事や飲みに行ったりして、他の男性たちの恋愛観や恋人に対しての行動などにも触れてみる。

そうすることで改めて彼氏の良さがわかったりもするし、「やっぱり私には彼氏が合ってるな」なんて感じることもできるものですよ。

感情的にならないようにしよう

なんだかふたりの関係がうまくいっていないように感じるときは、感情的にはならないようにすることが大事です。

冷静になって相手の大切さを実感できたら、お互いに愛情の再確認もできたりするものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)