彼と長く付き合っていると、自然と結婚へ意識が向いていきますよね。

でも、恋愛と結婚はやはり別のよう。

今回は、恋人から生涯をともにするパートナーになっていくために意識したいことについて解説していきます。

恋愛と結婚はやはり別?生涯のパートナーになるために意識しておきたいこと

相手を思って行動できる

本当に思える相手との出会いは、そうそうあるものではありませんよね。

好きな人がなかなかできないように、心から愛せる相手は、一生のうちに何人いるか、いないかです。

本当に相手のことが好きなら、ぜひその気持ちを表に出しましょう。

ムリをする必要はありません。

自分のできる範囲で、相手を思う気持ちを形にできればいいのです。

相手の誕生日にプレゼントを贈るのもいいですし、相手が風邪を引いていたらのど飴をあげる、たまには奢ってあげるのもいいですね。

あとは、相手がしてくれたことに「ありがとう」と欠かさず言うのは大事ですよね。

小さな親切も、大きな優しさも、こんな風に尽くしてくれる人は、「肉親以外になかなかいない」と、相手も実感できるでしょう。

自分のことを隠さず話す

なんでも話せる相手は、そうそういるものではありませんよね。

仕事のこと、家族のこと、友達のこと……。

なんでも話せる間柄になることで、相手の存在が特別なものになっていくのだと思います。

日ごろから、彼とどんな話をしていますか?

デートはイチャイチャし、ドキドキするだけのものではないかもしれません。

仕事で悩んでいることがあれば、彼に愚痴を吐いてもいいのではないでしょうか。

楽しいことだけでなく、ぜひ辛いことも共有できる間柄を目指しましょう。

お互いの家族、友達のことを話して、お互いのプライベートについて知っていくのもいいと思います。

相手とどんな気持ちも分かち合えれば、お互いの代わりは、もはや誰もいませんよね。

そうしたことを繰り返していくうちに、生涯のパートナーにふさわしい相手になっていくのではないでしょうか。

相手の幸せを願い行動できる

自分を本当に愛してくれている親は、子どもがどんな選択をしても、それを祝福してくれますよね。

だから、相手の仕事が忙しくなかなかデートできないときも、彼の仕事を応援してあげるとか、相手が食べたいものがあれば、自分の希望よりも彼の希望を優先してあげるといいですね。

相手の幸せを願って、行動できる愛は本物だと思います。

そうした相手に思われる人は、幸せでしょう。

お互いに年齢を重ねていっても、幸せに暮らしていけると思います。

相手を思いやる気持ちが大切

付き合っていると、相手がしてくれることに期待を抱いてしまいがちです。

でも、自分がいかに相手に尽くせるのかも、相手との関係を考えるうえで、とても大事なことですよね。

「彼と将来をともにしたい」と思っているのであれば、ぜひこうしたことも意識をしてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)