気になる彼といい感じにデートを重ねている。

そんなときに気になり出すのはやはり「いつ告白してくれるか」ですよね。

自分から告白するのもありだけど、やはり男性の方から告白してほしい……と願ってしまうものではないでしょうか。

今回は、「男性が告白したくなるきっかけ」についてご紹介します。

早く伝えたい!男性が告白したくなるきっかけとは

帰りの時間をゆだねてくれた

「彼女が『帰りは何時でもいいよ』と言ってくれたら、信頼されていると感じますし、信頼されてるなら告白する勇気がわきます!」(33歳・男性)

相手の女性にどこまで信頼or警戒されているのか。

それも、男性にとって、告白を決意する判断材料のひとつ。

また、丸一日を自分とのデートのために開けてくれたことも、「この子はずっと一緒にいたいと思ってくれている」と予想できるポイントになるでしょう。

自分の存在が、彼女の心のなかに、そこまで受け入れられているなら、「告白しよう!」と決意するきっかけになるようです。

3回目のデートまでうまくいった

「1回目はお互いお試しの意味合いが強いですね。2回目で雰囲気とか相性が良ければ、3回目が勝負です!」(29歳・男性)

告白するなら3回目のデート!というのは、男女問わず王道かもしれません。

3回目のデートがうまくいったなら、これからもずっとOKしてもらえると感じ、告白を決意できるとなるそうです。

3回目のデート中は、ちょっと真剣な雰囲気を作ってみるのもおすすめ。

もし、3回目のデートで告白されず、4回目のデートに誘われたときは、ちょっと焦らしてからOKすると、彼の告白を後押しできるかもしれません。

他の男性の影がチラついた

「最近違う男に言い寄られた、デートに誘われた、なんて話を聞くと、告白するかと具体的に考えてしまいます」(27歳・男性)

別の男性が彼女の近くに見え隠れすると、「早くあの子を自分のものにしないとヤバイ!」と感じるのが男性が多いようです。

2回目のデートあたりで、チラッと他の男性の話をしたり、合コンなどの出会いの場に顔を出す、なんて話をしたりするといいかもしれません。

ただし、遊んでいると思われないよう、同時に自分の好みの男性について話して、恋には純心であることも伝えましょう。

妄想が実現しそうなとき

「遊園地に行った帰り道、彼女を家まで送って、沈みかけた夕日が綺麗なら告白しよう…」と告白のシチュエーションを妄想する男性もいるんだとか。

多くの場合、男性はロマンチストで、カッコつけたがる生き物なので、どうやって告白しようかあれこれ妄想しています。

その妄想が実現したなら、告白をしようと決意をする、それもまた男心なのかもしれません。

こればかりは、女性側からコントロールはできませんが、「二人きり」「景色がいい」「恋人スポット」「花火」「季節のイベント」などの要素があれば、もしかして!と考えておいていいかもしれません。

告白には雰囲気も大事

男性が告白を決意してくれるかどうかは本人次第ですが、ある程度お膳立てをすることはできるかもしれませんね。

告白してくれそうなシチュエーションに気づいたなら、ちょっと大人っぽい雰囲気を意識しましょう。

心の準備もしておくと、きっと2人のいい思い出になるでしょう!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)