結婚相手に向いている男性には、どんな特徴があるのでしょうか。

付き合っているときは非の打ち所がない彼氏だったとしても、それが夫に向いている男性かどうかは別の話です。

うっかり夫に向いていないような男性と結婚してしまうと、後悔することにもなりかねません。

そこで今回は「結婚相手にふさわしい男性に共通する特徴」を紹介します。

家庭円満!結婚相手にふさわしい男性に共通する、4つの特徴

1. 共同作業が得意

結婚生活は、共同作業のはじまりといっても過言ではありません。

お互いの協力と理解がなければ、家庭は上手にまわっていきません。

そのため個人主義や共同作業が苦手なタイプの男性は、残念ながら結婚生活には不向きです。

じつは芸能人や俳優はこの共同作業が苦手なタイプが多いらしく、結果離婚率も高くなっているよう。

「いっしょに何かをするのが好き」という男性であれば、家事や育児に追われていてもふたりで乗り越えていけるでしょう。

2. 最低限の家事ができる

こちらも重要視してほしいポイント。ひとり暮らし経験がない、家事がまったくできない、このような男性は結婚相手には向いていないかもしれません。

ところが女性のなかには「私は家事が得意だから」「専業主婦になるから問題ない」という人も一定数いるでしょう。

しかし出産後の女性は、赤ちゃんのお世話にかかり切りになることが多いです。出産の状況によっては、何カ月も寝たきりになってしまうことも決して珍しい話ではありません。

また自分が体調を崩して寝込んでいるときなど、家事を頼らなければいけない機会も多いです。

そんなときに男性の家事スキルがゼロだと、家庭のお荷物になってしまう可能性も……。

掃除、洗濯、料理など最低限の家事を彼ができるのかは、あらかじめ見極めましょう。

3. メンタルが強い

3.メンタルが強い

何10年と続く結婚生活。トラブルや不測の事態が起きる確率は、ほぼ100%と言ってもいいでしょう。

そんなときにメンタルが強く、トラブルにも冷静に対処してくれる男性は夫としてとても心強い存在です。

付き合っているときは「少し気が弱いけど優しい人」とよく見えていた部分が、結婚生活を続けるうちに「優柔不断で精神的にも弱い人」と真逆の評価になってしまうことがあるかもしれません。

家庭を守り維持していくためには、メンタル面の強さも重要です。

4. どんなことにも大らか

結婚生活には、大らかさも必要です。とくに共働きの場合や出産後は、家の整とんに手が行きとどかないことも多くなります。

そんなときに、細かいことはあまり気にしない男性のほうが結婚生活に向いています。

多少の失敗には目をつぶってくれる男性といっしょにいるほうが、穏やかな結婚生活を送れるでしょう。

反対に意識が高くストイックな男性は、彼氏としては素敵ですが結婚相手には不向きなことが多いです。

結婚は、ゴールではなくスタート

2020年に行われた某社の結婚トレンド調査によると、男性と付き合う期間の平均は3.2年。

しかし結婚後は、それからさらに20年、30年……といっしょに暮らさないといけません。

結婚相手をえらぶときは、慎重に相手を見極めましょう。

そして、いつまでも幸せな結婚生活を送れる相手とゴールインしてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)