「告白するのは初めて……」「告白したいけど、フラれるのが怖い」と思って告白できない人って多いのではないでしょうか。

しかし告白はちゃんと段階を踏めば、成功率を上げられるんです。

今回は、成功率を上げる『告白』の方法4ステップについて紹介していきます。

成功率を上げる『告白』の方法4ステップ

告白ステップ1:まずは、3~4回デートする

たとえ一目惚れをしたとしても、デートは3~4回しましょう。急に告白しても「説得力」がないからです。

相手に「自分のことを何もわかってないのになぜ告白?」と疑問に思わせてしまうと、告白は失敗する確率が上がります。

何回かデートを重ね、お互いの理解が深まったタイミングを狙いましょう。

連絡の頻度や会う回数によっても異なりますが、一般的には出会って二ヶ月くらい経ってからがベストだと言われています。

告白ステップ2:好意がある雰囲気を匂わせる

普段から少しずつ「あなたがスキ」という気持ちを匂わせておくと、相手も意識してくれます。

これは「好意の返報性」という人間の習性で、自分のことを好意的に思ってくれている相手には好意を返そうと思うのです。

しかしここでは、あくまでも「匂わせる」のがポイント。

バレバレになった時点で、相手に興味がない時は距離を取られる場合があります。

「好きなのかな?どうなんだろう?」のラインを狙っていけるように相手に優しく接するなど、「そういうところ好きだな」と匂わせておきましょう。

告白ステップ3:夜に告白をする

告白のタイミングは夜が最適です。

ディナーを楽しんだ帰り道や、いっぱい遊んだ日のお別れのときがオススメ。

とある研究結果によると、昼間に告白するのと夜に告白するのとでは、夜のほうが成功率30%も上昇するそうです。

楽しかった後お別れしないといけないという寂しさを感じるときを狙って、告白するのがいいかもしれません。

告白ステップ4:告白の言葉を具体的に伝える

「好きです!」「付き合ってください!」という言葉につけ足して具体的な告白をすると、成功率が上がります。

たとえば「今度は恋人として、水族館に行きませんか?」「次は手をつないで、デートしたいです」など。

相手に自分と付き合うとどうなるのか、を想像させてあげるような内容だといいでしょう。

ゆっくりと男性の気持ちを高めていこう

一番告白の確率を上げるのは、「夜に会って告白」することです。

「恥ずかしい」「上手く伝えられるか心配……」と思って、LINEや電話で告白する人もいるのではないでしょうか。

直接告白することを避け間接的に告白するという行為は、それこそが成功率を下げる要因です。

「あの人とどうしても付き合いたい!」と思った時は、是非頑張って直接告白してみてくださいね。

(愛カツ編集部)