好きな人から既読スルーをされたら、「嫌われたのかな」「なんかマズいこと言っちゃったかな」と不安になりますよね。

ですが男性は、あなたのことが嫌いだから既読スルーをしている、という訳でもないんだとか。

そこで今回は「既読スルーをする男性の本音」をご紹介。

次のページから、実際に聞いた男性の意見とあわせて見ていきましょう。

何かしちゃった…?既読スルーをする男性の本音とは

キリがよかったから

「会話が終わったというか、キリがいいなぁと思ったらもう返さない。ダラダラと終わりの見えないラリーをつづけるのが苦手だから」(30代・流通)

友達とラリーがつづくと、どこで終わればいいんだろうと悩むことってありませんか。男性も同じような気持ちになるようです。

彼が既読スルーをしたのは話が終わったと思ったから。もしくは単に、キリがよかったからということもあるでしょう。

文章を打つのが面倒だから

「そもそもLINEでやり取りするのが得意じゃない。
嫌いじゃないけどとくに好きでもない相手からのLINEだと、文章を打つのが面倒に感じたりするんだよね……。
好きな相手からのLINEとか、あとは超ヒマで誰かに構ってほしいときならちゃんと返信する感じ」(20代・金融)

忙しくなくても文章を打つのが面倒になるときってありませんか。誰にだって、何もしたくないときがあるでしょう。

緊急の連絡などはさすがに返信してほしいものですが、そうではないなら「連絡する気分じゃないのかも」と気長に待つことも必要です。

縁を切りたいから

「連続で既読スルーをするのはもう関わりたくないからです。
察しの悪い女性って、既読スルーをされる前から結構そっけなくされてても気づかずに『なんかあった?』『おーい』とか返信を催促するよね」(30代・サービス)

連続で既読スルーされている場合は、明らかに無視をされているかもしれません。残念ですがもう送らないほうがよいでしょう。

躍起になって彼から返信をもらおうと催促をすると下手したらブロックされる可能性もあるので、当分連絡は控えるべきです。

重い話は返しにくいから

「重い話は返しにくいなぁ。返信を考えている間に時間が経っちゃって……。
返信をしても『遅い!』と怒られたり、嫌味言われたりするのかなと悩んでいるうちに、既読スルー状態になることは多々ある。」(30代・小売)

相手から重い内容がくると気まずくなり、なかなか返信しづらいものです。

女性からしたら重い内容を送らざるをえなかったのかもしれませんが、深刻な話は文章ではなく電話か直接会って話したほうがよいでしょう。

知らない間に既読スルーになっていたから

「元カノと付き合っているとき、しょっちゅう『なんで既読スルーするの?』と責められたんだけど、既読スルーをしている自覚がなくて『なんでそんなこと言うんだろう?』って不思議だった。

けど原因がなんとなくわかった。俺、返信したあとトーク画面が開きっ放しでほかのことしてたから、読んでいないのに既読がついていたっぽい」(30代・インフラ)

スマホでLINEを開いた瞬間、相手とのトーク画面だったということはありませんか。

トーク画面を開けたままにすると、読んでいないのに既読の表示がつきます。

あなたが話している彼も、無視しているのではなく単に開きっ放しなのかもしれません。

既読スルーは、無視しているのではない

既読スルーをしている男性は、何も無視をしている訳ではないようです。

とくに何か思い当たることがないのなら、既読スルーをされても不安にならなくてよいでしょう。

気長に返信を待つか、数日置いてまた連絡をしてみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)