意中の彼とあともう一歩距離を縮めたい…!そう思う女の子は多いはず。

実は、距離を縮めるには「共感」することがキーになります。

逆に、共感を誘うことで彼との距離がグッと縮まるんです♡今回は、そんな共感を誘うコツをご紹介します。

「俺と好み似てるやん…!」彼との距離を縮めるたった一つのコト♡

まずは彼との共通点を探る!

「この漫画好きなんだよね~」という彼の何気ない一言に、「それめちゃわかる!」と共感すれば、話が盛り上がるように、「共感」というのはお互いを知る上でとても重要なんです。

知っていくことでお互いのことが気になりだし、恋愛対象になる…♡なんてことも。

共感するためには、まず彼とあなたの「共通すること」を探ってみて。

たとえば、趣味が似ている、出身地が同じ、好みが似ているなど、他にもいろいろありますが、こんな共通点が多い人とは、初対面でも話が弾み、親近感を感じますよね。

デート中、食事をしている時に「これ美味しいね!」というのでもOk。とにかく共感を誘って距離を縮めましょう。

BUT!とりあえず共感するのは逆効果

会話の中で「共感」は心の距離を縮めるのに効果的ですが、思ってもいないのに共感されると気分が萎えてしまうだけでなく、あなたへの気持ちも冷めてしまう可能性があります。

なので、適当にとりあえず「共感」しておけばいいやと思うのはNGですよ!

共感をする時はあくまでも心からそう思う時だけに限定して。

上手に使うことで彼との関係がよくなるはずですよ。

つい盛り上がる?愚痴の共感も時にはアリ

愚痴というのはある程度心を許した相手にしか言わないものです。なので、彼から愚痴を聞かされたというのは彼があなたに心を許している証です。

愚痴を聞いたら、「わかる~」「私もそう思ってたんだよね~」なんて共感してあげることで、距離を縮めることができるかもしれません。

しかし、毎回愚痴ばかり話していたら、楽しいデートもなんだかイマイチになってしまうと思うので、ほどほどに。

彼との共感をするために一つのツールくらいの気持ちで使うのがいいと思います。

男性はプライドが高いものです。愚痴という自分の弱い部分を女性に見せて本当に良かったのかという不安を持ちつつ話しています。

共感で話を弾ませ最後に、「今日は○○君の愚痴が聞けて嬉しかった」と伝えましょう。彼がきゅんとしちゃうはず。

距離を縮める「共感」を

何気ない会話も、「共感すること」を意識するだけで距離を縮められるきっけかになります。

彼との共通項を探って明日から試してみてくださいね。上手に共感を使って彼をキュンキュンさせましょう♡

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)