「品がいい人がモテる」と言われても、「品」という言葉が抽象的で、よくわからないところがありますよね。

どんな言動、どんな振る舞いをすれば、男性に「品のある人」と思われるのでしょうか。

今回は、男性が女性に品を感じる瞬間をご紹介します。

品がある女性ってどういう人?男性が女性に品を感じるとき

声のボリュームや話す速度がちょうどいい

「声のボリュームと話す速度がちょうどいいと、話していて心地いい。品のある人って、相手にストレスを与えない話し方するよね」(32歳・保険)

声が大きくて早口だと、圧迫感や緊張感を相手に与えてしまうことがあります。

この喋り方で、男性に「リラックスできる!」と思われる人はあまりいないでしょう。

品のある人とは、相手にストレスを与えない穏やかな喋り方ができる人。

声のボリュームや話す速度に配慮して会話をすると、男性に好印象を与えられるはずですよ。

自分に似合う服を着ている

「自分のサイズに合っていない服や、季節外れな服、季節外れな小物を持っていると、なんか野暮ったいというか……ダサい。

品のある人のファッションって、自分のサイズに合っていて、季節も合っている。そういうスマートなファッションだと、上品だなぁと思う」(29歳・コンサルタント)

着ている服がハイブランドでも、サイズが合っていなかったり、冬にカゴバックを持つなど季節にマッチしていなかったりすると、センスがないと思われる可能性があります。

身に着けたいものが、自分や季節に合っているか配慮すると、見た目の印象を上品に変えられるはずですよ。

背筋がピンとしていて姿勢が綺麗

「品を感じる人は、いつも姿勢がいい人かな?立っているときも座っているときも背筋がピンとしているだけで、仕事デキる感が漂うし、かしこいイメージがある」(28歳・IT)

猫背だったり、顔が前に突き出したストレートネックな姿勢だったりと、姿勢の悪いシルエットは美しくありません。

綺麗な姿勢を意識したほうが、男性から良い印象を抱かれるでしょう。

笑っていてもうるさくない

「笑ったときに無駄にうるさい女性が苦手……。品がある女性って、笑ってもうるさくないからね。うるさくなくて笑顔が可愛いとか最高よ」(31歳・営業)

大声で笑い、手やデーブルをバンバン叩く女性もいますが……品があるかないかと言われたら、ないほうに分類されてしまいます。

おもいっきり笑うのはいいのですが、くしゃみやあくびと違って、笑い方は自分である程度セーブできるもの。

品を考えるのなら、笑い方は少し考えたほうがいいかもしれませんよ。

あまり雑音を立てない

「品のある人は静か!車のドアをバンッとおもいっきり閉めないし、食事の際もカチャカチャカチャ食器の音を立てないし、物を置くときもそっと優しい」(34歳・広告)

頻繁に雑音を出すと、男性にガサツな人だという印象を相手に与える可能性があります。

高い服を着ても、言葉遣いが丁寧でも、所作が雑では「品がない人だな……」と思われてしまうのです。

ひとつひとつの所作を丁寧にすることを心がけたほうが、相手にマイナス印象を与えずに済むはずですよ。

少しずつ品のある女性を目指そう

男性に品がないと思われてしまうと、本命になるのは難しくなるかもしれません。

すぐに品のある人になるのは難しいですが、意識をして少しずつ改善していけば、上品な人になれるはず。

今回ご紹介した内容を参考に、品のある女性を目指してくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)