「恋活を頑張っているのに、結婚できそうなイイ男に巡り会えない」「交際当初は結婚の話が出ていたのに、月日が経って結婚の話が消えてしまった……」

こんな悩みを抱いている女性が、いるかもしれません。

なぜ結婚相手の候補として見てもらえないのか、プロポーズされないのかともんもんとする人もいるでしょう。

それでは実際にどんな女性だと、男性から結婚したいと思ってもらえるのでしょうか。

今回は「男性が、結婚したくなる女性」の特徴を紹介します。

意外と知られていない!男性が、結婚したくなる女性とは

ほどよく庶民感がある

「キレイな女性は好きだけど、セレブ生活とか浮世離れした生活をしている女性は何か苦手。別に自分より稼いでいても構わないけど、庶民的な感覚がないといっしょに生活できなさそう」(30代・IT)

仮に女性の見た目がおしゃれでも、中身がほどよく庶民というだけでホッとする男性は多いはず。何ならそのギャップにキュンとしちゃう男性もいるでしょう。

ただ見た目までもがあまりに庶民的な場合は、落ち着きすぎているからと男性から恋愛対象外になってしまうかもしれません。

ですが、内面から庶民的な部分を感じる女性というのはモテます。

完璧すぎない

「美人で賢くてスタイルも良く、ファッションセンスも良かったり仕事もデキたりする女性って、もう入り込めなさそうです。どうせアフターファイブはヨガで、土日はお習い事で、長期休暇は海外旅行とか自分のことで忙しくなってそうじゃないですか。

というか、こういう女性って結婚願望ないんじゃないですか。あったとしてもかなり理想が高そう……。だから完璧すぎない女性のほうがいいですね、そこまでリア充じゃない女性のほうが近づくハードルも低いですし」(30代・建築)

男性から結婚相手の候補として見てもらうべく、完璧を目指す女性もいるかもしれません。

でも完璧すぎないほうが、親近感が湧くというか人間味を感じるものです。

しかも、ひとりでも十分楽しく生きていけそうな女性って、結婚願望がなさそうに見られることも。

結局のところ男性は、彼女から必要とされたいと思う気持ちが強いのかもしれませんね。

養ってもらいたい感が全開ではない

養ってもらいたい感が全開ではない

「俺は自分で家事できるから、結婚するなら『子どもができたら休職するけど、ある程度大きくなったらまた働きたい。それで家事は折半ね』って人がいい。
最初から仕事辞めたいって理由で専業主婦希望の女性は、個人的には無理かな」(30代・自営業)

女性のなかには「専業主婦になってラクしたいから、寿退社したい!」と考えている人がいるかもしれません。

ですが正直、最初から養ってもらいたい感であふれている女性って、男性からすると魅力的じゃないんですよね。

どうしても専業主婦になりたいのなら、余裕があって「男は外で仕事、女は家で家事」と考えている男性を探したほうがいいでしょう。

長時間いっしょにいても疲れない

「そこまで結婚願望はないけど、結婚を考えるんだったら、やっぱり居心地重視かな。長時間いっしょにいても疲れない相手なら結婚もあり。いい意味で空気みたいな人が理想」(30代・広告)

結婚を考えると、やっぱりかわいいとかノリがいいだけでは決められない部分があります。

別居婚や週末婚などフレキシブルな結婚スタイルならまだいいかもしれません。

ですがずっといっしょに暮らすとなると、居心地ってかなり重要なものでしょう。

意中の男性の結婚したいツボを見つけて

人生において結婚は大きなイベント。多くの人は結婚を考えたとき、かなり慎重になります。

「付き合うには申し分ないけど、奥さんにするにはちょっと……」と男性から思われてしまうと、やっぱり結婚までいきません。

容姿端麗だからと言って、結婚ができる訳ではないのです。

意中の男性の結婚したいツボを調べて、そこを突くように上手に自分をアピールしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)